コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都大番役 きょうとおおばんやく

5件 の用語解説(京都大番役の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京都大番役
きょうとおおばんやく

鎌倉幕府が,京都の内裏 (だいり) 諸門警備のため,御家人に課した御家人役鎌倉大番役に対する呼称。諸国の地頭,御家人に6ヵ月の期間で課した。東国の場合は惣領,西国の場合は守護が統轄して勤仕した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょうと‐おおばんやく〔キヤウトおほバンヤク〕【京都大番役】

鎌倉幕府御家人役の一。幕府が守護・有力御家人を通じて召集、主として六波羅探題が統轄し、内裏諸門の警備などにあたった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

京都大番役【きょうとおおばんやく】

鎌倉期の内裏(だいり)・院御所(いんのごしょ)諸門の警固番役で,御家人役の一つ。内裏大番役・大内(おおうち)大番役ともいう。鎌倉大番役・摂関家大番役などもあったが,一般に大番役といえば京都大番役をさす。
→関連項目篝屋御恩・奉公参勤交代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きょうとおおばんやく【京都大番役】

鎌倉時代,内裏・院御所諸門の警固番役。鎌倉幕府の御家人役の一つ。内裏大番役,大内大番役ともよばれた。鎌倉時代後期の裁判関係の書《沙汰未練書》には〈大番とは内裏警固番役なり〉とあり,大番役といえば普通京都大番役をさす。平安時代中ごろより衛士上番の制に代わる諸国武士の交替勤番制があったとみえ,すでに大番の呼称も用いられている。幕府の成立とともに源頼朝の管掌するところとなり,はじめは御家人たると否とを問わず諸国の武士に勤仕させたようであるが,1192年(建久3)ごろより御家人の所役とし,非御家人を排除して御家人のみに勤仕を令し,荘園領主等との摩擦を回避した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京都大番役
きょうとおおばんやく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京都大番役の関連キーワード異国警固番役大番役鎌倉大番役鎌倉御所長門警固番篝屋警固田海上警固番役長門警固番役内裏大番役

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京都大番役の関連情報