コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瘤/癭 コブ

デジタル大辞泉の解説

こぶ【×瘤/×癭】

病気のために筋肉が固くなるなどして、皮膚が高く盛り上がっているもの。
からだの一部をひどく打ったりして、そこが一時的に盛り上がったもの。たんこぶ。「転んで額に―ができる」
表面が盛り上がっているもの。「ラクダの―」「木の―」
ひもの結び目。
自由な行動のさまたげになるもの、やっかいなもののたとえ。多く、子供をいう。「目の上の―」「―つきの女性」
[補説]書名別項。→

しい‐ね〔しひ‐〕【×瘤】

こぶ古名。〈和名抄

りゅう【瘤】[漢字項目]

[音]リュウ(リウ)(漢) [訓]こぶ
筋肉などに生じる塊状の突起。こぶ。「根瘤腫瘤(しゅりゅう)動脈瘤

こぶ【瘤】[書名]

秋元不死男による句集昭和25年(1950)刊。収録された句のうち約半数が、昭和16年(1941)から昭和18年(1943)にかけて、秋元が俳句弾圧事件で投獄されていた際の獄中句。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

瘤【こぶ】

生体の一部が限局的に盛り上がったもの。ヒトではおもに病的なものをいう。打撲による瘤はおもに皮下血腫が原因で頭部にできやすい。そのほかに腫瘍(しゅよう),炎症,出血などが原因となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こぶ【瘤】

筋肉内あるいは皮下などに塊ができて,表面に隆起したものをいう。筋肉が収縮してできるのは生理的瘤である。病的瘤としては,良性,悪性の腫瘍,炎症性肉芽,出血による血腫などがある。なお,打撲後にできる〈瘤〉(俗に〈たんこぶ〉ともいう)は局所性の水腫である。【北川 知行

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こぶ【瘤】

打撲によって、頭部などの皮下に漿液がたまってできる隆起した塊。たんこぶ。
組織や臓器に部分的にみられる異常な塊の総称。奇形による繊維と脂肪の塊、腫瘍、炎症性の肉芽腫、血腫など。
物の表面の膨れ上がった部分。 「木の-」 「 -山」
ひもなどのかたい結び目。 「 -が解けない」
じゃまになるもの。厄介なもの。 「目の上の-」
〔自分の分身でありながらじゃまである意から〕 子供。 「 -つき」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の瘤/癭の言及

【粉瘤】より

…アテローマとも呼ばれる。皮膚と癒着する,やや硬く,境界は鮮明な腫瘤で,下部組織とは癒着しない。きわめてゆっくりと増大し,大きくなると表面は半球状に隆起し,俗にこぶと呼ばれる状態となる。…

※「瘤/癭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

瘤/癭の関連キーワードヘルニア嵌頓との鑑別が必要な病気マツコブビョウキン(松瘤病菌)ストリッピング手術ブドウネアブラムシ破裂性大動脈瘤神経管閉鎖障害クラウンゴール解離性大動脈瘤脊髄ヘルニア腹部大動脈瘤くも膜下出血コイル塞栓術心大血管疾患下肢静脈瘤コブヒトデ大血管疾患骨盤臓器脱アテローム卵巣嚢胞頭蓋披裂

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android