コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白羽の矢が立つ シラハノヤガタツ

デジタル大辞泉の解説

白羽(しらは)の矢が立・つ

人身御供(ひとみごくう)を求める神が、その望む少女の家の屋根に人知れずしるしの白羽の矢を立てるという俗説から》多くの中から犠牲者として選び出される。また、一般に多くの中から特に選び出される。「社長候補として―・った」
[補説]文化庁が発表した平成17年度「国語に関する世論調査」では、「美術館建設の候補地として、この村に白羽の矢が当たった」という言い方が「気になる」と答えた人が58.3パーセント、「気にならない」と答えた人が35.3パーセントという結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらはのやがたつ【白羽の矢が立つ】

〔人身御供ひとみごくうを求める神が、求める少女の家の屋根に白羽の矢を立てるという俗説から〕
多くの人の中から犠牲者として選ばれる。
多くの人の中から特に選ばれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白羽の矢が立つの関連キーワード世論調査人身御供文化庁立つ補説

白羽の矢が立つの関連情報