白湯(読み)さゆ

妊娠・子育て用語辞典の解説

さゆ【白湯】

一度沸騰させたおを、飲めるくらいまでにさましたもの。「湯冷まし」ともいいます。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(母子愛育会総合母子保健センター所長)、子育て編:渡辺博(帝京大学医学部附属溝口病院小児科科長)妊娠・子育て用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さ‐ゆ【白湯/素湯】

を沸かしただけの湯。

しら‐ゆ【白湯】

水をわかしただけで何もまぜてない湯。さゆ。

はく‐とう〔‐タウ〕【白湯】

何もまぜてない湯。さゆ。しらゆ。
薬湯に対して、普通の浴用の湯。

パイタン【白湯】

《〈中国語〉》豚骨鶏がらなどを煮込んで作る、く濁ったスープ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白湯
さゆ

水を沸騰させた湯で、茶などを浸出していないものをいう。白湯を冷やしたものを湯冷ましという。白湯は水そのものの味が直接味覚に感じるので、使用する水の水質がよくなければならない。とくに水道水では塩素を含むため、十分に沸騰させることが味のよい白湯をつくる条件である。白湯はまた、南部鉄などの鉄分の溶けにくい茶釜(ちゃがま)、鉄瓶などで沸かしたものが味がよいといわれる。白湯は薬の服用などに用いられる。薬の成分によっては、茶で飲むとタンニンなどと反応し、効力が減退するおそれがあるからである。

[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しら‐ゆ【白湯】

〘名〙 何もまぜてない湯。さゆ。

はく‐とう ‥タウ【白湯】

〘名〙
① 何もまぜない湯。しらゆ。さゆ。
※和漢三才図会(1712)五七「湯(ゆ)〈略〉素湯(さゆ)(一名白湯)素白也」
② 薬湯に対して、何も入れない普通の浴用の湯。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android