コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白湯 さゆ

9件 の用語解説(白湯の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

さゆ【白湯】

一度沸騰させたお湯を、飲めるくらいまでにさましたもの。「湯冷まし」ともいいます。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さ‐ゆ【白湯/素湯】

真水を沸かしただけの湯。

しら‐ゆ【白湯】

水をわかしただけで何もまぜてない湯。さゆ。

はく‐とう〔‐タウ〕【白湯】

何もまぜてない湯。さゆ。しらゆ。
薬湯に対して、普通の浴用の湯。

パイタン【白湯】

《〈中国語〉》豚骨や鶏がらなどを煮込んで作る、白く濁ったスープ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さゆ【白湯】

沸かしただけで何も入れない湯。

しらゆ【白湯】

水を沸かしただけの湯。さゆ。

はくとう【白湯】

何もまじっていない湯。しらゆ。さゆ。
薬湯に対して、普通の入浴用の湯。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白湯
さゆ

水を沸騰させた湯で、茶などを浸出していないものをいう。白湯を冷やしたものを湯冷ましという。白湯は水そのものの味が直接味覚に感じるので、使用する水の水質がよくなければならない。とくに水道水では塩素を含むため、十分に沸騰させることが味のよい白湯をつくる条件である。白湯はまた、南部鉄などの鉄分の溶けにくい茶釜(ちゃがま)、鉄瓶などで沸かしたものが味がよいといわれる。白湯は薬の服用などに用いられる。薬の成分によっては、茶で飲むとタンニンなどと反応し、効力が減退するおそれがあるからである。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白湯の関連キーワード飲めるヒルクライムクラッシュシルク減圧沸騰バルクライン方式メーメルブルクロールクライシス加圧水型炉(PWR)自動ぶろ渋切り

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白湯の関連情報