コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白老[町] しらおい

2件 の用語解説(白老[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

白老[町]【しらおい】

北海道,室蘭市と苫小牧(とまこまい)市のほぼ中間にある白老郡の町。太平洋に面し,室蘭本線道央自動車道が通じる。北と西の山地は支笏洞爺(しこつとうや)国立公園地域で,南西部に倶多楽(くったら)湖がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しらおい【白老[町]】

北海道南西部,胆振(いぶり)支庁白老郡の町。人口2万2414(1995)。白老岳(968m),ホロホロ山(1322m)などの南東斜面に位置し,南は太平洋に面する。古くからアイヌの集落として開けた地で,松前藩の場所(交易所)が置かれ,1855年(安政2)には東蝦夷地の警備を命ぜられた仙台藩の陣屋が設置された。明治以後,多くの開拓者が入植した。農業は火山灰土壌と夏の海霧のため不振であるが,社台牧場での競走馬生産や,背後の台地では黒毛和種の肉牛飼育と養鶏が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone