コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白老[町] しらおい

2件 の用語解説(白老[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

白老[町]【しらおい】

北海道,室蘭市と苫小牧(とまこまい)市のほぼ中間にある白老郡の町。太平洋に面し,室蘭本線道央自動車道が通じる。北と西の山地は支笏洞爺(しこつとうや)国立公園地域で,南西部に倶多楽(くったら)湖がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しらおい【白老[町]】

北海道南西部,胆振(いぶり)支庁白老郡の町。人口2万2414(1995)。白老岳(968m),ホロホロ山(1322m)などの南東斜面に位置し,南は太平洋に面する。古くからアイヌの集落として開けた地で,松前藩の場所(交易所)が置かれ,1855年(安政2)には東蝦夷地の警備を命ぜられた仙台藩の陣屋が設置された。明治以後,多くの開拓者が入植した。農業は火山灰土壌と夏の海霧のため不振であるが,社台牧場での競走馬生産や,背後の台地では黒毛和種の肉牛飼育と養鶏が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白老[町]の関連キーワード胆振支庁尾花岬倶多楽湖支笏洞爺国立公園胆振渡島白老後志室蘭渡島富士

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone