コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百万遍念仏 ひゃくまんべんねんぶつ

大辞林 第三版の解説

ひゃくまんべんねんぶつ【百万遍念仏】

極楽往生を祈願して、七日間に一〇〇万回念仏を唱えること。
浄土宗で衆僧または信徒が集まり、弥陀の名号を唱えながら一〇八〇顆の大数珠を一〇〇回繰り回す仏事。知恩寺の行事として名高いが在家でも行われた。百万遍。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひゃくまんべんねんぶつ【百万遍念仏】

祈禱,追善などのため,大型の数珠を多数のものが早繰(ざらざらぐり)して,同音に唱える念仏のこと。百万遍の念仏に用いる大念珠を百万遍数珠という。百万回の念仏を唱えることを本義とし,これに1人が7日または10日間に100万回念仏を唱えることと,10人またはそれ以上の者が同時に唱えた念仏の総計が100万回におよぶものと2種類がある。後者は100人の集団が念仏を100回唱えれば1万遍となり,同時に自他の唱える念仏の功徳が相互に隔通しあって,総計で100の3乗,つまり100万回の念仏を唱えたのと同じ功徳があるとする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の百万遍念仏の言及

【四天王寺】より

…とくに西門は極楽の東門にあたるとされ,西門外念仏所は12世紀に入って念仏の中心となった。出雲聖人の主導した百万遍念仏は,貴賤をとわず,道俗男女が一定期間参詣して念仏し,鳥羽法皇や藤原忠実・頼長らも参加した。西門外の海は極楽への道として,夕日に浄土の想いをはせる日想観(につそうかん)を修し,入水往生を遂げる聖や尼が少なくなかった。…

※「百万遍念仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

百万遍念仏の関連キーワード極楽往生知恩寺浄土宗怨霊在家名号弥陀信徒衆僧円冏

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百万遍念仏の関連情報