コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛岡[市] もりおか

百科事典マイペディアの解説

盛岡[市]【もりおか】

岩手県中部の市。1889年市制。1992年都南村を編入。県庁所在地。北上盆地北部と東部の山地を占め,北上川と支流雫石(しずくいし)川の合流部を中心に市街があり,東北本線,東北新幹線,東北自動車道が通じ,山田線,秋田新幹線(田沢湖線)が分岐。16世紀末南部信直,利直2代により盛岡城不来方(こずかた)城)が築かれ,20万石の城下として発展した。1871年県庁が置かれ,県の行政・文化・交通の中心をなす。製造品出荷額は2233億円(2003)で県内4位。乳業・繊維工業,伝統的な南部鉄瓶,南部キリ等の生産が行われるが,第3次産業人口が80%(2005)と高く,消費都市的傾向が強い。中心を中津川が流れ,東部の旧市街から西部の駅方面へ中心商店街が延びる。岩手大学,東北農業研究センター,岩手公園(不来方城跡),石割桜(天然記念物),厨川柵(くりやがわのさく)跡があり,西部には繋(つなぎ)温泉がわく。チャグチャグ馬っこは有名。2006年1月岩手郡玉山村を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。886.47km2。29万8348人(2010)。
→関連項目岩手[県]わんこそば

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もりおか【盛岡[市]】

岩手県の中央に位置する県庁所在都市。1889年市制。人口28万6478(1995)。1992年南隣の都南村を編入。市域は北上盆地北部を占め,中心市街地は南流する北上川に,西から雫石(しずくいし)川,東から中津川が合流する地点近くの河岸段丘上に位置する。古代には厨川柵(くりやがわのき)が置かれた。都市としては16世紀末,南部信直,利直2代にわたって築かれた盛岡城の城下町に起源をもつ。1871年(明治4)岩手県庁が置かれ,以来県の行政・経済・文化の中心となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android