コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鍮座 シンチュウザ

4件 の用語解説(真鍮座の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんちゅう‐ざ〔シンチウ‐〕【真×鍮座】

江戸時代、真鍮の鋳造・販売にあたった座。幕府が安永9年(1780)に設置し、天明7年(1787)に廃止。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

真鍮座【しんちゅうざ】

江戸時代,真鍮の吹立・販売の独占権を与えられた特権団体。1780年鉄座とともに設けられ,江戸・京都・大坂にとり立てた。目的は真鍮銭の原料確保,冥加(みょうが)金であったが,1787年廃止。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しんちゅうざ【真鍮座】

江戸時代、真鍮を鋳造した座。1780年に設置され87年に廃止。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真鍮座
しんちゅうざ

江戸幕府が真鍮の吹立(ふきたて)および販売を差配させた座。初め真鍮の吹立は京都のみで行われたが、のちに江戸、大坂、伏見(ふしみ)、堺(さかい)などにおいても製造された。幕府は1780年(安永9)銀座の付帯事業として真鍮座を設立し、自由営業は停止となった。そのため真鍮吹立を業とする者は真鍮座に属して差配を受け、また真鍮需要の細工人は、真鍮座から株札(かぶふだ)の交付を受けた仲買人から購入した。松平定信(さだのぶ)による幕政改革の際、真鍮座は1787年(天明7)に廃止となり、その吹立・販売はふたたび自由となった。江戸時代の銭貨には、銅銭・鉄銭のほかに真鍮で鋳造した真鍮銭があった。1741年(寛保1)に大坂で鋳造した寛永通宝(かんえいつうほう)真鍮銭をはじめ、71年(明和8)には秋田、1821年(文政4)には浅草、57年(安政4)には江戸深川においても真鍮銭がつくられた。[作道洋太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の真鍮座の言及

【鉄座】より

…広島藩は1696年(元禄9)に,三次(みよし)藩は99年に鉄座を設け,領内産出鉄と大坂への鉄販売への独占を開始した。幕府は1780年(安永9)銀座加役として,真鍮座(しんちゆうざ)とともに鉄座を設置し,田沼政治の一環として,鉄・真鍮を専売制のもとにおいた。諸国に産出する鉄・釼(はがね)・銑のうちその産地(領内)で使う国用の分は別とし,それ以外はすべて山元から大坂問屋へ回送し,大坂鉄座が問屋から買い取ること,鉄販売は鉄座から仲買の商人を経て行うこと,鉄問屋・仲買商人は口銭(こうせん)を定めて株仲間とすることとした。…

※「真鍮座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone