コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鍮座 シンチュウザ

4件 の用語解説(真鍮座の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんちゅう‐ざ〔シンチウ‐〕【真×鍮座】

江戸時代、真鍮の鋳造・販売にあたった座。幕府が安永9年(1780)に設置し、天明7年(1787)に廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

真鍮座【しんちゅうざ】

江戸時代,真鍮の吹立・販売の独占権を与えられた特権団体。1780年鉄座とともに設けられ,江戸・京都・大坂にとり立てた。目的は真鍮銭の原料確保,冥加(みょうが)金であったが,1787年廃止。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しんちゅうざ【真鍮座】

江戸時代、真鍮を鋳造した座。1780年に設置され87年に廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真鍮座
しんちゅうざ

江戸幕府が真鍮の吹立(ふきたて)および販売を差配させた座。初め真鍮の吹立は京都のみで行われたが、のちに江戸、大坂、伏見(ふしみ)、堺(さかい)などにおいても製造された。幕府は1780年(安永9)銀座の付帯事業として真鍮座を設立し、自由営業は停止となった。そのため真鍮吹立を業とする者は真鍮座に属して差配を受け、また真鍮需要の細工人は、真鍮座から株札(かぶふだ)の交付を受けた仲買人から購入した。松平定信(さだのぶ)による幕政改革の際、真鍮座は1787年(天明7)に廃止となり、その吹立・販売はふたたび自由となった。江戸時代の銭貨には、銅銭・鉄銭のほかに真鍮で鋳造した真鍮銭があった。1741年(寛保1)に大坂で鋳造した寛永通宝(かんえいつうほう)真鍮銭をはじめ、71年(明和8)には秋田、1821年(文政4)には浅草、57年(安政4)には江戸深川においても真鍮銭がつくられた。[作道洋太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の真鍮座の言及

【鉄座】より

…広島藩は1696年(元禄9)に,三次(みよし)藩は99年に鉄座を設け,領内産出鉄と大坂への鉄販売への独占を開始した。幕府は1780年(安永9)銀座加役として,真鍮座(しんちゆうざ)とともに鉄座を設置し,田沼政治の一環として,鉄・真鍮を専売制のもとにおいた。諸国に産出する鉄・釼(はがね)・銑のうちその産地(領内)で使う国用の分は別とし,それ以外はすべて山元から大坂問屋へ回送し,大坂鉄座が問屋から買い取ること,鉄販売は鉄座から仲買の商人を経て行うこと,鉄問屋・仲買商人は口銭(こうせん)を定めて株仲間とすることとした。…

※「真鍮座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

真鍮座の関連キーワードフランチャイザー油座茶税法場所請負猿楽座真鍮銭専売特許独占資本真鍮の家鳶沢甚内

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone