コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄座 テツザ

5件 の用語解説(鉄座の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てつ‐ざ【鉄座】

江戸幕府の鉄の専売機関。初め、鉄は自由取引であったが、安永9年(1780)大坂に銀座加役として設置され、専売制となった。天明7年(1787)寛政の改革の際に廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉄座【てつざ】

江戸時代,幕府が設けた鉄の専売機関。幕府は1780年(安永9年)田沼意次(おきつぐ)の時,銀座加役として,真鍮(しんちゅう)座とともに大坂に設置。諸国から算出する鉄・釼(はがね)・銑(ずく)は産地での使用分以外は必ず大坂問屋へ回送し,これを鉄座が決めた値段で買い取り,仲買へ卸した。
→関連項目真鍮座

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てつざ【鉄座】

江戸時代,幕府や藩が設けた鉄の専売機関をいう。広島藩は1696年(元禄9)に,三次(みよし)藩は99年に鉄座を設け,領内産出鉄と大坂への鉄販売への独占を開始した。幕府は1780年(安永9)銀座加役として,真鍮座(しんちゆうざ)とともに鉄座を設置し,田沼政治の一環として,鉄・真鍮を専売制のもとにおいた。諸国に産出する鉄・釼(はがね)・銑のうちその産地(領内)で使う国用の分は別とし,それ以外はすべて山元から大坂問屋へ回送し,大坂鉄座が問屋から買い取ること,鉄販売は鉄座から仲買の商人を経て行うこと,鉄問屋・仲買商人は口銭(こうせん)を定めて株仲間とすることとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てつざ【鉄座】

江戸時代、田沼意次が大坂に設けた鉄の専売所。1780年設置、87年廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄座
てつざ

江戸時代の鉄、銑(せん)の専売機関。鉄座を設立するまで鉄などの取引は自由であったが、幕府は老中田沼意次(おきつぐ)のとき、1780年(安永9)8月、銀座加役として真鍮(しんちゅう)座とともに鉄座を大坂に設け、諸国から大坂問屋に回送された鉄、銑はすべて鉄座を通して売買が行われた。このような流通機構の改革は、大坂問屋や職人たちに大きな脅威を与えたので、幕府はその仕法を改めて不平を緩和しようと努めたが、結局は1787年(天明7)9月、老中松平定信(さだのぶ)による寛政(かんせい)の改革の際、鉄座および真鍮座は廃止となった。これは、銅銭の不足を補うために、鉄銭・真鍮銭がこのころから盛んに鋳造されたので、その地金(じがね)の確保を容易にすることを目的とした施策であったとみられている。[作道洋太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄座の関連キーワード御触書銅座非人小屋貴院棄捐御用船動力車薬園上がり知触書

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone