コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口開け/口明け クチアケ

1件 の用語解説(口開け/口明けの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くち‐あけ【口開け/口明け】

物の口を開けること。また、その時。くちきり。
物事・商売などのしはじめ。かわきり。
「旦那、―です、廓(なか)までお安く参りましょう」〈荷風・祝盃〉
山・磯などの共有地の利用の禁を解くこと。また、その日。
能で、1曲が狂言方せりふで始まること。狂言口開(きょうげんくちあけ)。
上方(かみがた)で、歌舞伎の続き狂言の序幕のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口開け/口明けの関連キーワードあんぐり薄目風穴を開ける口を切る捩じ開ける蓋を開ける幕を開ける開けっ放し押開ける壺口