コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口開け/口明け クチアケ

デジタル大辞泉の解説

くち‐あけ【口開け/口明け】

物の口を開けること。また、その時。くちきり。
物事・商売などのしはじめ。かわきり。
「旦那、―です、廓(なか)までお安く参りましょう」〈荷風・祝盃〉
山・磯などの共有地の利用の禁を解くこと。また、その日。
能で、1曲が狂言方せりふで始まること。狂言口開(きょうげんくちあけ)。
上方(かみがた)で、歌舞伎の続き狂言序幕のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

口開け/口明けの関連キーワード口開け・口明け1月16日馬鹿笑い山口祭開け矢口

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android