コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知念[村] ちねん

世界大百科事典 第2版の解説

ちねん【知念[村]】

沖縄県島尻郡の村。沖縄島(本島)南部の知念半島東部にあり,沖合の久高(くだか)島など5島を含む。人口5906(1995)。南半部は高崖に仕切られた台地で,北半部の台地の斜面は緩傾斜で海岸低地がよく発達している。久高島は隆起サンゴ礁からなる低平な島である。西隣の玉城(たまぐすく)村とともに沖縄の開闢(かいびやく)神アマミキヨにかかわる神話,伝説の多い村で知られる。かつては稲作が行われていたが,現在はサトウキビ作のほか,本土出荷の野菜栽培が盛んになってきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android