石人・石獣(読み)せきじんせきじゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国において漢代以降、宮殿、廟(びょう)、墳墓の参道などに置かれた人物、獣の石彫。前漢の将軍霍去病(かくきょへい)の墓に残る匈奴(きょうど)を踏まえる馬像などの石刻群は、現存する最古の一例として有名。後漢(ごかん)の例では、文人、武人の石像が各地に残るほか、この時期には墳墓の墓前に詣(もう)でて祭祀(さいし)を行う習慣が確立し、これに応じて、墓の格式を示し、その守護と悪鬼駆除のため、参道の両側に、石柱、石碑とともに、文・武官や動物(ゾウ、ウマ、ラクダ、トラ、ヒツジなど)あるいは霊獣の類(麒麟(きりん)、辟邪(へきじゃ)、唐代以降に一角獣など)の石刻群を配列する風習が一般化した。その例は『水経注(すいけいちゅう)』に多く記録されている。魏晋(ぎしん)南北朝期では、南朝系の陵墓に残る大型で勇猛な姿の石獅子(しし)が知られるが、北朝の例は少ない。しかし唐から明(みん)・清(しん)に至る歴代の陵墓では、時代による様式の変化をみせながらも、墓前の石人・石獣群は規模大きく展開され、唐の乾陵(けんりょう)(高宗・則天武后の合葬墓)や明(みん)十三陵(じゅうさんりょう)などにその典型的な例をみることができる。また、唐の制度を取り入れた統一新羅(しらぎ)時代の朝鮮半島などにも影響を与えた。

[西江清高]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android