コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石英ガラス(読み)せきえいガラス(英語表記)silica glass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石英ガラス
せきえいガラス
silica glass

二酸化ケイ素だけから成る特殊ガラス水晶屑,純度の高いケイ石などを溶融してつくる。非常に融解点が高く,製作には電気炉などで 2000℃近くの高温を必要とする。特徴として,高温に耐え (軟化点 1500℃) ,急冷急熱に強く,また膨張係数が 5×10-7 と極端に小さいためひずみが少く,耐食性が強いなど,すぐれた性質をもつ。また紫外線をよく透過させる特性もある。高加熱器具や理科学実験器具の部品,高圧水銀灯のバルブ光学レンズプリズムなどに広く使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

石英ガラス【せきえいガラス】

シリカガラスとも。二酸化ケイ素シリカ)SiO2のみを成分とするガラス。水晶を溶融してつくった透明石英ガラスと,ケイ石やケイ砂を半溶融してつくった不透明石英ガラス(多数の気泡を含むため白色を呈し,光学系には不適)がある。熱膨張率がきわめて小さいため急熱急冷に強く,耐酸性,紫外線透過能にもすぐれ,理化学用器具,プリズムやレンズ,工業用装置などに利用。
→関連項目ガラス耐熱ガラス理化学用ガラス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきえいガラス【石英ガラス quartz glass】

二酸化ケイ素(シリカ)SiO2成分のみからなるガラスで,シリカガラスsilica glassともいう。耐熱性とくに耐熱衝撃性にすぐれているため,反応容器,反応管等に使用されている。紫外線の透過力を生かした用途,レンズや水銀灯用バルブとしての用途もある。また,不純物濃度を極限まで減少させた石英ガラスは,可視部における光の吸収がほとんどないため,光通信用グラスファイバー(ガラス繊維)として使用されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せきえいガラス【石英ガラス】

石英または水晶を電気炉で強熱し、溶解してつくったガラス。無色透明で普通のガラスに比べて耐熱性・化学的耐久性にすぐれ、また、紫外線も通す。化学器具・光学機器・光通信用ガラス繊維などに用いる。水晶ガラス。シリカ-ガラス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石英ガラス
せきえいがらす
quartz glass

特殊ガラスの一つで、二酸化ケイ素だけの単成分からできているガラス。シリカガラスの通称。不純物の多少によって性能も異なるが、概して熱膨張係数が5~6×10-7と小さく、徐冷温度も1140℃と高いため、耐熱性、耐熱衝撃性とも実用ガラス中で頂点にたち、理化学用器として重要である。珪砂(けいさ)または水晶から電気溶融でつくる。前者は微細な気泡のため不透明だが、後者は透明で品質も高い。光通信や半導体プロセスなどに使う超高純度のものは四塩化ケイ素(液体)、モノシラン(気体)などから気相合成でつくられ、光吸収損失の原因となる遷移元素などの不純物含有率が最低10億分の1以下のものまである。光通信用ファイバーは気相合成法の一種の化学蒸着によってつくられる。[境野照雄・伊藤節郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石英ガラスの言及

【二酸化ケイ素(二酸化珪素)】より

…無定形二酸化ケイ素は空気中の水分を吸収する能力があるので,乾燥剤に利用される。結晶を2000℃近くの高温で融解して得られる石英ガラスは紫外線を通しやすく,膨張率が小さい。このため,急激に強熱あるいは冷却しても割れにくく,高温用ガラスとして用いられる。…

※「石英ガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石英ガラスの関連情報