コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石陽社 せきようしゃ

大辞林 第三版の解説

せきようしゃ【石陽社】

1875年(明治8)河野広中が福島県石川郡石川村に設立した自由民権運動の結社。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

石陽社【せきようしゃ】

1875年河野広中が吉田光一とともに福島県石川村に設立した,東日本民権政社草分け。1877年河野が組織した三師社とともに自由民権運動を推進し,愛国社第4回大会には河野を代表に送った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石陽社
せきようしゃ

自由民権期の政治結社。1875年(明治8)8月河野広中(こうのひろなか)らが福島県石川に創設した東日本最初の民権結社で、権利意識の研磨を目的とした。結社の背景には、同年4月の「漸次立憲政体の詔勅」があったことがうかがわれる。本社の特色は、財産の多少を問わず入社を許し、社員は尊卑の別なくみな同じ権利をもつ(社則第2条)としたところによく示されており、実際、士族、豪農、神官、医者など多様な人々が参加、80年ころには社員数200余名を数えるまでに発展した。またその出身地域は県内はもとより宮城、山形、栃木、福井、高知県にまで及び、各地政社との交流や県の民権運動の組織化、統一化に大きな役割を果たした。教育機関として石陽館があったことが確認されているが、活動の状況については不詳である。[安在邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石陽社の言及

【河野広中】より

…若松県・三春藩の下級官吏を経て,1873年磐前県副戸長となり,このころミル著・中村正直訳《自由之理》を馬上で読んで発奮,自由民権論者になったという。以後区長などを務めつつ,75年政治結社石陽社を,ついで78年三師社を郷里に組織して,東北地方の自由民権運動の指導者となった。こうした活動を背景に愛国社・国会期成同盟の運動に参加し,豪農層を代表する幹部となった。…

【地方結社】より

… 一方,いわゆる豪農結社は,豪農や豪商などの在地の有力者の支持を背景として結成され,富裕な農民の子弟や教員,記者などの知識人を加えた比較的開放的な構成をとることが多い。著名なものに福島県石川の石陽社(1875年創設,河野広中・吉田光一ら,社員約200),三春の三師社(1878年創設,河野広中・田母野秀顕ら,社員約100,石陽社とともに東日本民権運動に先駆的役割を果たす),南多摩郡原町田の融貫社(1881年創設,石坂昌孝ら,社員150~300),西多摩郡五日市の学芸講談会(1880年以前,内山安兵衛・深沢権八らが中心,いわゆる五日市憲法草案の背景として知られる),松本の奨匡社(1880年創設,松沢求策・上条螘司・市川量造ら,社員1200余),福井県坂井郡の自郷学舎・自郷社(1879年創設,杉田定一が中心,社員115)などがある。これらの豪農結社は,士族の民権運動に対して,在地的農村的な民権運動を結集し,運動全体の性格を変えていくうえに主導的な役割を果たした。…

※「石陽社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石陽社の関連キーワードモンテスキュー自由党(日本)自由民権運動民間教育運動河野 広中福島(県)ルソー

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android