石黒荘(読み)いしぐろのしょう

百科事典マイペディアの解説

石黒荘【いしぐろのしょう】

越中国礪波(となみ)郡の荘園。富山県福光町・城端(じょうはな)町・井口村・福野町(4町村とも現・南砺市)にかけての小矢部(おやべ)川上流域にあった。1078年山城円宗(えんしゅう)寺領として立荘。平安末期には10郷からなり,3地域に分かれるため石黒三箇荘とよばれた。領家職(りょうけしき)は分割伝領され,山城醍醐寺遍智(へんち)院・同仁和(にんな)寺菩提院・鷹司家があげられるが,伝領関係など不明な部分が多い。10郷のうち菩提院領広瀬郷下司(げし)の藤原氏は鎌倉幕府の御家人となり,地頭職と郷内支配をめぐって領家側と長期にわたって争った。なお広瀬郷には小矢部川両岸に高宮・天満の二つの市場があった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしぐろのしょう【石黒荘】

越中国砺礪波郡(現,富山県西砺波郡福光町)の荘園。鎌倉時代には10郷からなっており,山田郷・弘瀬郷で1荘,石黒上郷・同中郷・同下郷で1荘,吉江郷・太海(ふとみ)郷・院林郷・直海郷・大光寺郷で1荘というようにわかれ,総称して石黒三荘といった。小矢部川の上流域にひろがる広い荘園で,古代の川上郷の故地にあたる。後三条天皇が1070年(延久2)に建立した御室円宗寺の所領として,そのころ立荘されたものであろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の石黒荘の言及

【勧農】より

…若狭国太良荘では1239年(延応1)預所定宴が農民たちに農料を下し,斗代をひき下げて,荘田を満作させるための措置を講じている。また越中国石黒荘の弘瀬郷には勧農田と称される田地があったが,これは百姓の逃死亡による不作田に新しく浪人を招いて耕作させた田地であった。太良荘や石黒荘では新たに作人を割りつけたさいの台帳を勧農帳とよんでおり,荘園経営のための基本台帳の一つであった。…

【福光[町]】より

…しかも同日の義尚から石清水(いわしみず)八幡宮への寄進状には〈徳満庄〉とある(《石清水文書》)。両荘を別個のものとみて,福満荘を現在の福光に比定すれば石黒荘と,また徳満荘を砺波市徳万に比定すれば般若野荘とともにかさなることになり,両荘の実在は疑問となる。いずれも吉書(きつしよ)にふさわしい荘名で,実体のない荘園とみられるであろう。…

※「石黒荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android