コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂原[町] さわら

百科事典マイペディアの解説

砂原[町]【さわら】

北海道南西部,茅部(かやべ)郡の旧町。駒ヶ岳北麓を占め内浦湾に臨む。砂浜海岸に沿って集落があり,漁業水産加工業就業者が多い。函館本線砂原回り線が海岸沿いに通じる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さわら【砂原[町]】

北海道南西部,渡島(おしま)支庁茅部(かやべ)郡の町。人口5334(1995)。町名アイヌ語の〈シャラ(やや広い砂州)〉より転訛したものといわれる。渡島半島の内浦湾側,駒ヶ岳北斜面に位置し,主要な集落はほとんど海岸沿いに展開する。古くから漁村として発達し,漁業就業者が26%(1990)と最も多く,水産加工業の就業者も多い。近年はスケトウダラ不漁から,ホタテガイの養殖に切り替える漁民が増えてきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

砂原[町]の関連キーワード駒ヶ岳(北海道)