コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

違約金 いやくきん

7件 の用語解説(違約金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

違約金
いやくきん

契約当事者の特約により債務不履行の場合に債務者の支払うべきことがあらかじめ定められている金銭をいう。債務不履行に基づく損害賠償との関係が問題になるが,民法ではこれを損害賠償額の予定と推定する (420条3項) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いやく‐きん〔ヰヤク‐〕【違約金】

債務者債務不履行の場合に、債権者に支払うことを前もって決めた金銭。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

違約金【いやくきん】

債務不履行の場合に債務者が債権者に支払うべきものとあらかじめ定めた金銭。その性質は契約によって定まるが,特に定めなかったときは,損害賠償額の予定であるとされる(民法420条3項)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

かんたん不動産用語解説の解説

違約金

債務の不履行(契約で定められた約束を破ること)があった場合、支払うことを債務者が債権者にあらかじめ約束した金銭のこと。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いやくきん【違約金】

債務者が契約に違反したとき債権者に対して支払う一種の制裁金。契約に違反したら一定金額を支払うという形態と,契約に違反したら契約を履行するまでの間一定期間ごとに(たとえば1日につき)一定金額を支払うという形態とがある。契約に違反したとき債務者がその支払義務を負うかどうか,またいくら支払うべきかということは,いずれも債権者・債務者間の事前の約束によって定まるものであって,法律上当然にその支払義務が生ずるものではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いやくきん【違約金】

債務の不履行があった場合に支払う旨を、債務者が債権者にあらかじめ約束した金銭。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

違約金
いやくきん

契約で定めた義務を履行できなくなったり、履行が遅れたりした場合に、相手方に支払うことをあらかじめ約束した金額をいう。違約金は漠然とした概念で、場合によって、債務が履行されない場合に損害賠償とは別に制裁金として支払われるものであったり、損害賠償額の予定であったり、あるいは損害賠償額の最低額を決めるものであったりするので、具体的な場合に応じて、そのうちのどれに相当するかを判断しなければならない。現行民法では、違約金を損害賠償額の予定であると推定している(民法420条3項)ので、債務の不履行が不可抗力によって生じた場合でも、また実際の損害額が違約金より多くても少なくても、予定された賠償額を請求できることになる。したがって、賠償額の予定以外の趣旨であることを主張する者は、これを立証しなくてはならない。金銭の消費貸借についての違約金は、利息制限法に定められた利率の1.46倍を超えることはできない(4条)。
 なお、手付金を渡した者が債務を履行しない場合には、これを受け取った者が没収してもよいという約束の手付を違約手付という。このうち、債務不履行の場合には当然没収され、債務不履行による損害賠償を別に請求することができる違約手付を、違約罰という。しかし、日本ではこの種の手付は少なく、損害賠償額の予定の性質をもつ手付(賠償額の予定としての違約手付)であることが多い。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

違約金の関連キーワード求償権債務準消費貸借代位弁済保証保険共益費第三債務者転付保証証券債権・債務

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

違約金の関連情報