コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会的連帯 しゃかいてきれんたい social solidarity

2件 の用語解説(社会的連帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会的連帯
しゃかいてきれんたい
social solidarity

一般的には,諸個人の相互作用の形態が調和的関係として相互依存的であることをいう。近代ヨーロッパ社会思想史に即してみると,その思想的デッサンフランス革命後のいわゆる伝統主義,つまり L.G.A.ボナール,J.メーストルらの主張に起点をもち,コント学説のうちに継承された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいてきれんたい【社会的連帯 social solidarity】

個人および各種類の集団(民族や国家も含む)が相互的な依存関係のなかで形成している密接な結合状態をいう。連帯責任階級的連帯連帯主義などといわれる。相互に結びついている形態や結びつきの深さ,結びつきを左右する動機や根拠とその確定の程度,その結びつきの媒体となる紐帯およびその紐帯の強さには,いくつもの種類とさまざまな度合がある。社会学者のデュルケームは《社会分業論》(1893)のなかで社会の進化を論じ,社会生活において諸個人および諸集団が相互に依存しあう結びつきの全体的な特徴を〈機械的連帯〉と〈有機的連帯〉とに分けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

社会的連帯の関連キーワード人および市民の権利の宣言民族民族国家固有法税源同族団民族自決主義農業共済ナシオン分離主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会的連帯の関連情報