コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神応寺 じんのうじ

1件 の用語解説(神応寺の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

神応寺【じんのうじ】

茨城県水戸(みと)市にある時宗の寺。1591年佐竹義宣(さたけよしのぶ)が焼失していた時宗遊行(ゆぎょう)派の本山藤沢清浄光(しょうじょうこう)寺に代わる本寺として遊行32代上人他阿弥陀仏普光(ふこう)を開山に招いて創建,藤沢道場と称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

神応寺の関連キーワード偕楽園宝厳寺万福寺茨城大学水戸城光触寺正法寺水戸西蓮寺常福寺

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神応寺の関連情報