コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神谷寿禎 かみや じゅてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神谷寿禎 かみや-じゅてい

?-? 戦国時代の商人,鉱業家。
筑前(福岡県)博多の貿易商。石見(いわみ)(島根県)大森に銀鉱(石見銀山)を発見し,大永(たいえい)6年(1526)採鉱を開始した。天文(てんぶん)2年博多の吹工(ふきこう)を移住させ,灰吹法による銀の現地製錬に成功した。この技法によってわが国の貴金属鉱業隆盛の端緒がひらかれた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神谷寿禎
かみやじゅてい

生没年不詳。戦国時代筑前(ちくぜん)(福岡県)博多(はかた)の貿易商、鉱業家。安土(あづち)桃山・江戸初期の豪商であり、茶人でもあった神谷宗湛(そうたん)は寿禎の曽孫(そうそん)にあたる。臨済僧で、1539年(天文8)の遣明(けんみん)副使であった策彦周良(さくげんしゅうりょう)の入明日記『策彦和尚初渡集(おしょうしょとしゅう)』には、1538年から39年の間に寿禎がしばしば一族と博多に逗留(とうりゅう)中の周良を訪れている記事がみえる。また寿禎は石見(いわみ)国(島根県)銀峯山(ぎんぽうさん)(仙の山(せんのやま))に参詣(さんけい)して山中に銀鉱を発見し(石見銀山)、1526年(大永6)以来採掘に従事。1533年(天文2)には博多より吹大工(ふきだいく)を同伴し、鉛を媒剤とする灰吹(はいふき)法によって銀を精錬したという(『銀山旧記』)。おそらくこの方法を寿禎は貿易商として大陸から学んだのであろうが、これは日本鉱業史上における画期的意義を有し、石見銀山が以後の鉱山開発の先駆となった理由もここにある。[久保田昌希]
『小葉田淳著『日本鉱山史の研究』(1969・岩波書店) ▽佐々木銀弥著『日本商人の源流』(教育社歴史新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

神谷寿禎の関連キーワード島根(県)佐渡金山博多商人

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android