コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神送り・神迎え かみおくり・かみむかえ

2件 の用語解説(神送り・神迎えの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

神送り・神迎え【かみおくり・かみむかえ】

旧暦10月に神々が出雲に集まるとして,その旅立(神立(かんだち),お飛び)を神社にこもって送ること。9月末神送り,10月末神迎えする例が多く,旧10月を神無月(かんなづき)というが,2ヵ月にわたって不在の神もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神送り・神迎え
かみおくりかみむかえ

旧暦10月に諸国の神々が出雲(いずも)大社に集まるという伝承に基づき、出雲に行く神々を送り迎えるという年中行事。出発の日は9月末日か10月末日、帰還の日は10月末日か11月末日とする例がいちばん多いが、村々によってすこしずつの違いがあり、滞在期間も一様でない。同じ土地、同じ家でも、神様によって期日を異にする場合があり、金毘羅(こんぴら)様、夷(えびす)様、竈(かまど)神様を留守神とする伝承も広い。10月を神無月(かんなづき)というが、神々の集まるという出雲地方では、神在月(かみありづき)であるという解説もあり、やはり一種の神送り行事が行われている。これは田の神など稲作の神が、秋に山に帰って山の神になり、春に山から降りて田の神になるという広い伝承と通じるもので、行き先を出雲といい始めたのは、出雲信仰と結び付いた結果である。また期日の一定しないのは、地方によって収穫祭の時期が異なり、あるいは重複して行われるためであろう。神祭りの前後に雨風や嵐(あらし)があるという伝承は一般的で、神の送り迎えや清めのためと説明されているが、10月に吹く風を「神渡し」「神送り風」「神たち風」などというのもそのためである。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神送り・神迎えの関連キーワード出雲の神神帰り神集い神の旅神の留守からさで祭神在月神帰月神来月神議り

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone