コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲信仰 いずもしんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出雲信仰
いずもしんこう

島根県の東部にある出雲大社の祭神オオクニヌシノミコト (大国主命) に対する信仰。オオクニヌシノミコトは開拓,五穀の農耕守護神であるが,一般庶民の間では男女の良縁を取持つ縁結びの神として親しまれている。毎年旧暦 10月 (神無月) に全国の氏神が出雲大社に集るという伝承は全国的に広がっており,出雲大社ではこの 10月を神在月として収穫の祭りを行なっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

出雲信仰【いずもしんこう】

出雲大社を中心とする信仰。旧暦10月15日から26日までの間全国の神々がここに集まるといい,よって10月を神無月(かんなづき)というが,出雲では神在月(かんありづき)といい,神祭を行う。
→関連項目神送り・神迎え

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いずもしんこう【出雲信仰】

出雲の神,具体的には出雲大社を対象とする信仰。出雲の神,出雲国が,古くから特殊の存在であったことは,いろいろの点から推察される。《古事記》《日本書紀》における出雲系神話の量は多大であるし,歴史時代に入ってからでも,出雲の場合は国造制を最後までのこし,その出雲国造(くにのみやつこ)は代替りごとに参朝して神賀詞(かんよごと)を奏上するという慣行をもった。そのような古代以来の実績と直接つながるかどうかは不明であるが,やがて中世になると,ここにいわゆる〈神在月(かみありづき)〉なる伝承をもつようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いずもしんこう【出雲信仰】

出雲大社に対する信仰。農業神である主神の大国主命と、仏教の大黒天とが習合して、一般に農作・福徳・縁結びの神として信仰される。また、神無月かんなづきには、神々が出雲に集まるという民間伝承も広く行われる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出雲信仰
いずもしんこう

島根県の出雲大社およびその主祭神大国主命(おおくにぬしのみこと)の神徳に対する信仰。大国主命は『出雲国風土記(ふどき)』に「天の下造らせし大神」と記され、『神代紀』に少彦名命(すくなひこなのみこと)と力をあわせ心を一にして天下を経営し、蒼生(あおひとくさ)(庶民)と畜産のための療病や、鳥獣昆虫の災異を祓(はら)うために禁厭(まじない)の方法を定めて百姓みな恩頼(おんらい)を蒙(こうむ)っているとあり、古くから人々の生活の安泰を保障する神として崇敬されていた。その信仰は時代の推移とともにさまざまに変容して民間信仰に浸透していったが、とくに中世以降に大社の御師(おし)による布教活動が盛んに行われ、その信仰は広範な地域に伝播(でんぱ)した。大国主命は仏教の守護神である大黒天に習合されて七福神の一となったが、それは大国の音読「だいこく」と通じたため同じ神と信ぜられたものである。大黒天が頭巾(ずきん)をかぶり、左肩に大きな袋を背負い、右手には小槌(こづち)を持ち、米俵を踏まえている姿で表されるのは、神話上の大国主命の行状を表現している。さらに御子神(みこがみ)の事代主神(ことしろぬしのかみ)が夷(えびす)神と信じられると、えびす大黒と併称されるようになり、福神的性格を強めていっそう大衆化していった。また、大国主命は縁結びの神として崇(あが)められる。『古事記』には大国主命と須勢理毘売命(すせりひめのみこと)とが「宇伎由比(うきゆひ)して宇那賀気理(うながけり)て(契(ちぎ)りを結んで、互いに首に手をかけ合って)いまに至るまで鎮(しず)まり坐(ま)す」とある。現実に出雲大社の本殿は、その左側(向かって右)に須勢理毘売命を祀(まつ)る摂社大后(おおきさき)神社(御向社(みむかいのやしろ))と並んで座しており、『古事記』の記述と一致している。それが男女縁結び信仰の神として崇められる由縁(ゆえん)である。旧暦10月に全国の神々が出雲に集まり、諸国の氏子(うじこ)男女の縁結びを相談すると伝承されるに至った。出雲大社に対する信仰は出雲講、甲子(こうし)講などとよばれる講が組織され、各地で活動していた。[菟田俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone