コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祥/前兆 サガ

デジタル大辞泉の解説

さが【祥/前兆】

きざし。ぜんちょう。特に、吉事のしるし。
「夢(いめ)の―に因りて、立ちて皇太子(ひつぎのみこ)と為りたまふ」〈垂仁紀〉

しょう〔シヤウ〕【祥】

めでたいこと。また、その前ぶれ。吉兆。瑞兆(ずいちょう)。
吉凶の前兆。
「飢饉ノ―」〈和英語林集成
一周忌(小祥)と三周忌大祥)との称。

しょう【祥】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(シャウ)(漢) [訓]さち きざし
めでたいこと。さいわい。「清祥多祥不祥事
めでたいことの前触れ。きざし。「嘉祥瑞祥発祥
忌み明けの祭り。「祥月(しょうつき)/小祥・大祥」
[名のり]あきら・さか・さき・さむ・ただ・なが・やす・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょう【祥】

きざし。しるし。特に、めでたいしるし。 「キキンノ-/ヘボン」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

祥/前兆の関連キーワード岩手県和賀郡西和賀町沢内太田大阪府泉南郡田尻町嘉祥寺大阪府堺市堺区大町東愛知県安城市安城町愛媛県西条市喜多川長野県佐久市前山はるかぜのたいこ梅若六郎(4)コンシアンシー海雲(2)宗意(1)関根 祥人富士谷元広石川愛弓大野雲潭藤井西洞阿遊の方鏑木雲潭横山雲安多田祥梧

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android