コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祥/前兆 サガ

4件 の用語解説(祥/前兆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さが【祥/前兆】

きざし。ぜんちょう。特に、吉事のしるし
「夢(いめ)の―に因りて、立ちて皇太子(ひつぎのみこ)と為りたまふ」〈垂仁紀〉

しょう〔シヤウ〕【祥】

めでたいこと。また、その前ぶれ。吉兆。瑞兆(ずいちょう)。
吉凶の前兆。
「飢饉ノ―」〈和英語林集成
一周忌(小祥)と三周忌(大祥)との称。

しょう【祥】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(シャウ)(漢) [訓]さち きざし
めでたいこと。さいわい。「清祥多祥不祥事
めでたいことの前触れ。きざし。「嘉祥瑞祥発祥
忌み明けの祭り。「祥月(しょうつき)/小祥・大祥」
[名のり]あきら・さか・さき・さむ・ただ・なが・やす・よし

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone