祥/前兆(読み)サガ

デジタル大辞泉の解説

さが【祥/前兆】

きざし。ぜんちょう。特に、吉事のしるし。
「夢(いめ)の―に因りて、立ちて皇太子(ひつぎのみこ)と為りたまふ」〈垂仁紀〉

しょう〔シヤウ〕【祥】

めでたいこと。また、その前ぶれ。吉兆。瑞兆(ずいちょう)。
吉凶の前兆。
「飢饉ノ―」〈和英語林集成
一周忌(小祥)と三周忌大祥)との称。

しょう【祥】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(シャウ)(漢) [訓]さち きざし
めでたいこと。さいわい。「清祥多祥不祥事
めでたいことの前触れ。きざし。「嘉祥瑞祥発祥
忌み明けの祭り。「祥月(しょうつき)/小祥・大祥」
[名のり]あきら・さか・さき・さむ・ただ・なが・やす・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょう【祥】

きざし。しるし。特に、めでたいしるし。 「キキンノ-/ヘボン」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう シャウ【祥】

〘名〙
① めでたいこと。喜ばしいこと。また、それらの前ぶれ。吉兆。瑞兆(ずいちょう)
※江戸繁昌記(1832‐36)五「漢土、古より麟鳳を祥と為して」 〔詩経‐大雅・大明〕
② 吉凶のしるし。
※史記抄(1477)三「祥は吉にも祥あり、凶にも祥あるぞ。祥とばかり云て吉ではあるまいぞ」 〔易経‐履卦〕
③ 一周忌と二周忌との呼び名。一周忌を小祥、二周忌を大祥という。〔礼記‐檀弓上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android