コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

称名滝 しょうみょうだき

7件 の用語解説(称名滝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

称名滝
しょうみょうだき

富山県東部,常願寺川の上流称名川にかかる滝。立山町にある。立山火山活動によって形成された溶岩台地にある。落差は 350mで,日本で最も高い。4段に分かれ,いちばん下の滝が 126mで最高。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうみょう‐だき〔シヨウミヤウ‐〕【称名滝】

富山県東部、中新川(にいかわ)郡立山町を流れる称名川にある滝。弥陀ヶ原の台地をV字状に浸食し、約350メートル落下する。その規模は日本一といわれる。滝は4段に分かれ、最も下の滝は高さ約126メートルに達する。国の名勝・天然記念物に指定されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

称名滝【しょうみょうのたき】

〈しょうみょうだき〉とも。富山県中新川郡立山町常願寺川の支流称名川が立山の弥陀ヶ原を離れるところにかかる滝。《今昔物語集》に勝妙ノ滝とみえ,滝の音が称名念仏に聞こえたことに由来するという。
→関連項目大日平大日岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうみょうだき【称名滝】

富山県南東部,中新川郡立山町にある滝。立山弥陀ヶ原を西流した常願寺川の支流称名川が溶結凝灰岩の断崖を落下してなす滝で,実測350m,日本一の高さをもつ。滝は4段に分かれ,最下段のものが126mで最も高い。大正末期に滝の下流左岸に開かれた八郎坂(称名坂)からの観瀑がよいが,立山黒部アルペンルートの滝見台からも眺望することができる。立山信仰の行場として古くは勝妙,正妙,唱妙とも記された。【藤森 勉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕称名滝(しょうみょうだき)


称名滝(しょうみょうのたき)

〔富山県〕称名滝(しょうみょうのたき)


富山県東部、立山(たてやま)火山の溶岩台地・弥陀ヶ原(みだがはら)を流れる称名川にかかる滝。「しょうみょうだき」とも読む。落差350mは日本一とされる。国の名勝・天然記念物。「日本の滝百選」に選定。上半分は段を刻み、途中から垂直に落下する。増水時には南側に落差500mにも達するハンノキ滝(ネハンの滝)が姿を現す。下流の県道駐車場近くにある滝見(たきみ)台からの眺めがよい。黒部(くろべ)・立山観光の一中心。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

称名滝
しょうみょうだき

富山県東部、中新川(なかにいかわ)郡立山(たてやま)町を流れる称名川にかかる滝。国指定名勝・天然記念物。立山の雄山(おやま)直下から流れ出た称名川は弥陀ヶ原(みだがはら)の溶結凝灰岩の台地をV字状に侵食して350メートル落下する。滝は4段に分かれ、いちばん下の滝は126メートルに達する。雨天には一大水柱となって落下するが、水量が毎秒2~3トンのときがもっとも美しい。観瀑(かんばく)には八郎坂の旧登山道がもっともよい。1982年(昭和57)に県道称名道路が改修され、称名遊歩道も完成した。[深井三郎]
『深井三郎著『黒部立山アルペンルート』(1973・古今書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

称名滝の関連情報