コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥陀ヶ原 みだがはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弥陀ヶ原
みだがはら

富山県南東部,立山の西斜面に広がる溶岩台地標高 1500~2000m。立山町に属する。東西約 4km,南北約 2kmにわたる。気象庁が定義する活火山で,古立山の火山活動によって流出した溶岩泥流によって形成された。標高の低い西部にはブナ,タテヤマスギ,高い東部にはシラビソハイマツの林,中央部には高山植物の草原や湿地帯が分布している。中部山岳国立公園に属し,立山高原パークラインが通る。2012年,称名川(しょうみょうがわ)を挟んで北側にある大日平(だいにちだいら),称名滝などとともにラムサール条約に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

弥陀ヶ原【みだがはら】

富山県東部,立山連峰の西側中腹に広がる溶岩高原。標高1500〜2000m。高山植物,湿原植物が多い。ホテル,国民宿舎があり,登山,春スキーの基地で,立山ケーブルカー美女平駅からバス。
→関連項目大日平立山ラムサール条約

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みだがはら【弥陀ヶ原】

富山県の立山西腹に広がる高原。標高は1500~2000m。東西9km,南北3kmに及ぶ。立山火山の第2期の活動によりできたもので溶結凝灰岩,新期安山岩類が主体の溶岩台地である。高原東方に地獄谷やミクリヶ池があり,東から西へ貫流する称名(しようみよう)川の浸食によるV字谷の末端には,高さ350mの称名滝がかかる。立山高原パークラインが通じ,夏季にはダケカンバチングルマなどの高山植物が茂る中を高原バスが走り,立山への登山者でにぎわう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕弥陀ヶ原(みだがはら)


富山県南東部、立山(たてやま)火山西腹に広がる溶岩台地。東は天狗平(てんぐだいら)、西は美女平(びじょだいら)に続く。標高約1500~2000m。東西約4km、南北約2km。立山火山の第2期火山活動の溶岩流によって形成された。ダケカンバなどの樹木やチングルマなどの高山植物、湿生植物が多い。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園に属する。立山黒部アルペンルートの一部をなす立山道路が通じ、高原バスが走る。春スキーの基地で、国民宿舎やホテルなどがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弥陀ヶ原
みだがはら

富山県南東部、立山(たてやま)の西側に広がる溶岩台地。古立山火山の第二活動期の火砕岩流によって形成された台地で、その上にその後の火山泥流がのっている。北側を称名(しょうみょう)川、南側を常願寺(じょうがんじ)川によって侵食され、広義には東の室堂平(むろどうだいら)(2450メートル)から西の美女平(びじょだいら)(1000メートル)に至る約9キロメートルをいうが、狭義には中央のもっとも広い地域を弥陀ヶ原とよぶ。南北は約2キロメートルで、最高点は2621メートル。ヌマガマ、イワイチョウ群落の高層湿原帯で、餓鬼田(がきだ)とよばれる池塘(ちとう)が分布している。斜面にはアオモリトドマツ、ダケカンバがみられる。立山高原バス道路が通じる。[深井三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

弥陀ヶ原の関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地富山県中新川郡立山町日本の国立公園月山(山形県)日本の活火山常時観測火山乗鞍火山帯奥大日岳飛騨山脈出羽三山室堂平天狗平松尾峠月山白山

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android