コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥陀ヶ原 みだがはら

6件 の用語解説(弥陀ヶ原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弥陀ヶ原
みだがはら

富山県南東部,立山の西斜面に広がる溶岩台地。標高 1500~2000m。立山町に属する。東西約 4km,南北約 2kmにわたる。古立山の火山活動によって流出した溶岩,泥流によって形成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みだ‐が‐はら【弥陀ヶ原】

富山県中新川(にいかわ)郡立山町にある高原。立山連峰の火山活動で西方に流れ出た溶岩によってできた台地。標高1500~2000メートルハイマツ高山植物の群落がある。国指定名勝・天然記念物の称名(しょうみょう)滝は、この台地の北端部分を浸食してできた。平成24年(2012)、大日平とともにラムサール条約に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

弥陀ヶ原【みだがはら】

富山県東部,立山連峰の西側中腹に広がる溶岩高原。標高1500〜2000m。高山植物,湿原植物が多い。ホテル国民宿舎があり,登山,春スキーの基地で,立山ケーブルカー美女平駅からバス。
→関連項目大日平立山ラムサール条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みだがはら【弥陀ヶ原】

富山県の立山西腹に広がる高原。標高は1500~2000m。東西9km,南北3kmに及ぶ。立山火山の第2期の活動によりできたもので溶結凝灰岩,新期安山岩類が主体の溶岩台地である。高原東方に地獄谷やミクリヶ池があり,東から西へ貫流する称名(しようみよう)川の浸食によるV字谷の末端には,高さ350mの称名滝がかかる。立山高原パークラインが通じ,夏季にはダケカンバチングルマなどの高山植物が茂る中を高原バスが走り,立山への登山者でにぎわう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕弥陀ヶ原(みだがはら)


富山県南東部、立山(たてやま)火山西腹に広がる溶岩台地。東は天狗平(てんぐだいら)、西は美女平(びじょだいら)に続く。標高約1500~2000m。東西約4km、南北約2km。立山火山の第2期火山活動の溶岩流によって形成された。ダケカンバなどの樹木やチングルマなどの高山植物、湿生植物が多い。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園に属する。立山黒部アルペンルートの一部をなす立山道路が通じ、高原バスが走る。春スキーの基地で、国民宿舎やホテルなどがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弥陀ヶ原
みだがはら

富山県南東部、立山(たてやま)の西側に広がる溶岩台地。古立山火山の第二活動期の火砕岩流によって形成された台地で、その上にその後の火山泥流がのっている。北側を称名(しょうみょう)川、南側を常願寺(じょうがんじ)川によって侵食され、広義には東の室堂平(むろどうだいら)(2450メートル)から西の美女平(びじょだいら)(1000メートル)に至る約9キロメートルをいうが、狭義には中央のもっとも広い地域を弥陀ヶ原とよぶ。南北は約2キロメートルで、最高点は2621メートル。ヌマガマ、イワイチョウ群落の高層湿原帯で、餓鬼田(がきだ)とよばれる池塘(ちとう)が分布している。斜面にはアオモリトドマツ、ダケカンバがみられる。立山高原バス道路が通じる。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弥陀ヶ原の関連キーワード立山節室堂立山エール天望立山荘富山県 立山山麓家族旅行村富山地方鉄道立山線富山県中新川郡立山町富山県中新川郡立山町立山頂上富山県富山市水橋立山町美女平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弥陀ヶ原の関連情報