程合(読み)ほどらい

精選版 日本国語大辞典「程合」の解説

ほどらい ほどらひ【程合】

〘名〙 (「ほどあい」の変化した語か)
① ちょうどよい程度。適。また、単に、程度。ほどあい。
※古今著聞集(1254)一六「わきまへのあるべきやう、引出物のほどらひなどさだめて」
適当な時間。しおどき。ころあい。
※漢書帝紀抄(1477‐1515)武帝紀第六「売にも其ほとらいがなうてはぞ」
③ 大体の見当。大体の程度。
※日本書紀兼倶抄(1481)「倶舎に一弓を一時と云ぞ。一弓で須彌山のほとらいをも云ぞ」
芸妓の花代を計算する時、二時間以上の場合には、線香は一時間ごとに一〇本の計算となるのに対して、二時間以内の場合には一時間につき一一本の計算とすること。

ほど‐あい ‥あひ【程合】

〘名〙 ちょうどよい程度。ころあい。ほどらい。
※舞正語磨(1658)中「拍子のほどあひ乱拍子にあらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「程合」の解説

ほど‐あい〔‐あひ〕【程合(い)】

ちょうどよい程度。ころあい。「程合いをみて話を切り出す」「程合いの湯加減」
[類語]程度適当適切適正適確至当妥当穏当相応好適正当順当ころ合い手頃てごろ適う適する合う沿うそぐう当てはまる当を得る適合する合致する即応するぴったりする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android