好適(読み)コウテキ

デジタル大辞泉 「好適」の意味・読み・例文・類語

こう‐てき〔カウ‐〕【好適】

[名・形動]目的にかなっていて、ちょうどよいこと。ふさわしいこと。また、そのさま。「贈り物として好適な品」
[類語]格好適当適切適正適確至当妥当穏当相応適合合致即応正当順当ぴったりころ合い程合い手頃てごろ適う適する合う沿うそぐう当てはまる当を得る便宜好都合便利利便あつらえ向きタイムリー有り難いうれしいおんの字重宝ちょうほう有用有益簡便軽便至便もってこい打って付け好個適える向く似合う似つかわしいふさわしいしっくり同調するフィットする程よい絶好願ったり叶ったり願ってもない渡りに船相応しか即する肌が合う適格適材くみし易いしかるべきマッチ究竟くっきょう合い口合目的文句無しリーズナブル好条件見合う匹敵言い得て妙あたかもよし三拍子そろ似合わしいジャストミート思いがけない当を得る馬が合う息が合う順当どんぴしゃり所を得る最適つぼにはまる水を得たうおのよう結構尽くめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「好適」の意味・読み・例文・類語

こう‐てきカウ‥【好適】

  1. 〘 名詞 〙 ( 形動 ) 何かを行なうのにちょうどよいこと。ふさわしいこと。また、そのさま。
    1. [初出の実例]「ここは全く好適(カウテキ)静思に耽る場所であった」(出典:金(1926)〈宮嶋資夫〉二二)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「好適」の読み・字形・画数・意味

【好適】こうてき

似合う。

字通「好」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ゲリラ豪雨

突発的に発生し、局地的に限られた地域に降る激しい豪雨のこと。長くても1時間程度しか続かず、豪雨の降る範囲は広くても10キロメートル四方くらいと狭い局地的大雨。このため、前線や低気圧、台風などに伴う集中...

ゲリラ豪雨の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android