コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花北枝 たちばな ほくし

7件 の用語解説(立花北枝の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

立花北枝

江戸前・中期の俳人・研刀師。加賀小松生。一時土井姓を名のる。通称研屋源四郎、別号に鳥翠台・寿妖軒・趙子など。兄牧童も俳人。俳諧は初め貞門に遊び、のち『おくのほそ道』の旅で金沢に来訪した芭蕉に入門。芭蕉の教えをかきとめた『山中問答』を著した。ほか編著に『卯辰集』『喪の名残』など。享保3年(1718)歿、享年未詳。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐ほくし【立花北枝】

[?~1718]江戸中期の俳人。蕉門十哲の一人。加賀の人。別号、鳥翠台・寿夭軒。通称、研屋(とぎや)源四郎。「奥の細道」行脚の途次の芭蕉に入門。編著「山中問答」「卯辰(うたつ)集」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花北枝 たちばな-ほくし

?-1718 江戸時代前期-中期の俳人。
兄牧童とともに加賀金沢で刀研ぎを業とする。元禄(げんろく)2年金沢をおとずれた松尾芭蕉(ばしょう)に入門,越前(えちぜん)(福井県)松岡まで同行した。芭蕉の教えをかきとめた「山中問答」をあらわした。一時土井姓を名のる。享保(きょうほう)3年5月12日死去。通称は研屋(とぎや)源四郎。別号に鳥翠台など。編著に「卯辰集」「喪の名残」など。
【格言など】馬かりて燕追ひ行く別れかな(「山中集」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

立花北枝

没年:享保3.5.12(1718.6.10)
生年:生年不詳
江戸前期の俳人。通称は研屋源四郎。金沢に住み,刀の研師を業とするかたわら俳諧に親しむ。元禄2(1689)年,松尾芭蕉が『おくのほそ道』の旅の途中で金沢を訪れた際に入門し,越前丸岡まで行動をともにした。以後加賀蕉門の中心人物として活躍したが,無欲な性格で俳壇的な野心はなかった。自分の家が丸焼けになったとき「焼にけりされども花はちりすまし」と詠み,芭蕉の称賛を得たエピソードは有名で,世俗を離れて風雅に遊ぼうとする姿勢がうかがえる。<参考文献>殿田良作「立花北枝」(明治書院『俳句講座』3巻)

(田中善信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たちばなほくし【立花北枝】

?~1718) 江戸前・中期の俳人。通称、研屋源四郎。別号、鳥翠台など。加賀金沢で刀研ぎを業とする。「奥の細道」紀行途上の芭蕉を迎え、兄牧童と入門、北陸蕉門の中心となった。編著「山中問答」「卯辰うたつ集」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立花北枝
たちばなほくし

[生]?
[没]享保3(1718).5.12. 金沢
江戸時代中期の俳人。一時,土井氏を名のった。通称,研屋 (とぎや) 源四郎。別号,鳥 (趙) 翠台,寿夭軒。蕉門十哲の一人に数えられる場合がある。加賀の小松の人。金沢に住み兄牧童とともに刀の研屋を営んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立花北枝
たちばなほくし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の立花北枝の言及

【北枝】より

…江戸前期の俳人。姓は立花。一時,土井を称した。通称は源四郎。別号は鳥翠台,寿夭軒。加賀小松に生まれ,のち金沢住。兄牧童と刀研ぎを業とする。初め談林系に属したが,1689年(元禄2),金沢を訪れた芭蕉に入門,越前松岡まで芭蕉を送った。《おくのほそ道》には〈所々の風景過さず思ひつゞけて,折節あはれなる作意など聞ゆ〉という北枝評を載せる。91年には,楚常の編んだものに北枝が増補した《卯辰集》を刊行。芭蕉三回忌には義仲寺に参詣し,記念の集《喪の名残》(1697)を編む。…

※「立花北枝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone