竜野[市](読み)たつの

世界大百科事典 第2版の解説

たつの【竜野[市]】

兵庫県南西部,播磨平野北西隅にあって揖保(いぼ)川に臨む市。1951年竜野町と揖西(いつさい),揖保,神岡誉田(ほんだ)の4村が合体市制。人口4万0607(1995)。江戸時代,脇坂氏城下町で,現在でも城跡をはじめ,屈曲した道路や武家屋敷の町並みなどに城下町のおもかげをとどめる。明治中期,山陽本線開通の際,竜野駅を市街の南方6kmの揖保川町に設け,また昭和初期姫新線開通の際も本竜野駅を市街の東方2km,揖保川左岸に設置するなど,交通改善の機会をしりぞけたため近代工業の発達は遅れた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android