コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜野[市] たつの

1件 の用語解説(竜野[市]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たつの【竜野[市]】

兵庫県南西部,播磨平野北西隅にあって揖保(いぼ)川に臨む市。1951年竜野町と揖西(いつさい),揖保,神岡,誉田(ほんだ)の4村が合体,市制。人口4万0607(1995)。江戸時代,脇坂氏の城下町で,現在でも城跡をはじめ,屈曲した道路や武家屋敷の町並みなどに城下町のおもかげをとどめる。明治中期,山陽本線開通の際,竜野駅を市街の南方6kmの揖保川町に設け,また昭和初期姫新線開通の際も本竜野駅を市街の東方2km,揖保川左岸に設置するなど,交通改善の機会をしりぞけたため近代工業の発達は遅れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竜野[市]の関連キーワード揖保川頸城油田高田平野龍野播磨平野広島平野本荘平野米子平野太子たつの

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone