コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠置[町] かさぎ

2件 の用語解説(笠置[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

笠置[町]【かさぎ】

京都府南部,相楽(そうらく)郡の町。古来京都,上野両盆地を結ぶ要地で,中部を西流する木津川沿いに関西本線が通じる。山地が多くシイタケキュウリを特産。後醍醐天皇行在所跡など史跡に富む笠置山(史跡・名勝)は行楽地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かさぎ【笠置[町]】

京都府南部,相楽郡の町。人口2223(1995)。笠置山地に占められ,中央部を木津川が西流する。町域の大部分が山林であるが,木津川沿岸には耕地が開け,南岸を関西本線,北岸を国道163号線が貫通する。南部にある笠置山は,花コウ岩類岩石の風化による奇岩怪石と後醍醐天皇が行在所(あんざいしよ)を置いた笠置寺などで知られている。これと木津川峡谷をあわせて笠置山府立自然公園に指定され,多くの人を集めており,観光は町の重要な産業になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

笠置[町]の関連キーワード宇治木津川京都盆地長岡京山崎井手笠置京田辺沢田川向日

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone