筋かい(筋違)(読み)すじかい(英語表記)brace

翻訳|brace

世界大百科事典 第2版の解説

すじかい【筋かい(筋違) brace】

建築などの構造体で主要な直線材を四辺形に組み立てる場合,その対角線上に入れる補強材の総称。四辺形を三角形の単位に分割することで骨組みが変形するのを防ぎ,その面に働く水平力を負担する。主として風や地震の力に抵抗するため建物の柱,土台,はりなどからなる耐力壁の補強に用いられる。また床組み面や小屋組みの桁とはりの間に水平筋かいを入れて,外力を耐力壁を含む間仕切骨組みに広く伝達させることもある。筋かいには水平力の向きによって圧縮または引張りの力が作用するので,圧縮力を負担するにはそれの接する柱と同寸または三つ割り以上の太筋かいを用い,引張力にはそれ以下の薄い細筋かいや鉄筋筋かい,平鋼や形鋼を用いた鉄骨筋かいを用いることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android