コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツビ

デジタル大辞泉の解説

つび【粒】

つぶ(粒)の古名。
「流頭の粟の―を粉(くだ)きて」〈霊異記・上〉

つぶ【粒】

[名]
小さくてまるいもの。「米
集合体を構成する個々の物や人の大きさや質。
小銭のこと。
ムクロジ、またその種子の別名。
[接尾]助数詞。種子や丸薬など、丸くて小さいものを数えるのに用いる。「丸薬二、三

りゅう〔リフ〕【粒】

[接尾]助数詞。穀物・丸薬など、小さいつぶ状のものを数えるのに用いる。「丸薬二

りゅう【粒】[漢字項目]

常用漢字] [音]リュウ(リフ)(呉)(漢) [訓]つぶ
〈リュウ〉穀物のつぶ。広く、つぶ状のもの。「粒子粒食粒粒辛苦顆粒(かりゅう)穀粒根粒
〈つぶ〉「雨粒小粒豆粒

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つび【粒】

つぶ。 「器うつわものに付たる-を取りて/今昔 3

つぶ【粒】

[1] ( 名 )
〔円つぶらの意か〕
まるくて小さいもの。 「大きな-の真珠」 「豆-」
人や物が集まった場合、その一つ一つの大きさや質。
小銭のこと。
植物ムクロジの異名。
( 接尾 )
助数詞。丸くて小さいものを数えるのに用いる。 「豆を一-二-と数える」
[句項目]

りゅう【粒】

( 接尾 )
助数詞。小さな粒つぶ状のものを数えるのに用いる。つぶ。 「丸薬三-を服用する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【小鼓】より

…音高と音色を調節するために,左手で調べを締めたりゆるめたりして革面の張力を加減し,手指のあたる位置を革面の中央や周辺部にしたり,打つ強さや打つ指の本数などを変える。打音は粒(つぶ)とよばれ,次の4種が基本である。乙(おつ)(ポと唱える。…

※「粒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粒の関連情報