コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツビ

デジタル大辞泉の解説

つび【粒】

つぶ(粒)古名
「流頭の粟の―を粉(くだ)きて」〈霊異記・上〉

つぶ【粒】

[名]
小さくてまるいもの。「米
集合体を構成する個々の物や人の大きさや質。
小銭のこと。
ムクロジ、またその種子の別名。
[接尾]助数詞。種子や丸薬など、丸くて小さいものを数えるのに用いる。「丸薬二、三

りゅう〔リフ〕【粒】

[接尾]助数詞。穀物・丸薬など、小さいつぶ状のものを数えるのに用いる。「丸薬二

りゅう【粒】[漢字項目]

常用漢字] [音]リュウ(リフ)(呉)(漢) [訓]つぶ
〈リュウ〉穀物のつぶ。広く、つぶ状のもの。「粒子粒食粒粒辛苦顆粒(かりゅう)穀粒根粒
〈つぶ〉「雨粒小粒豆粒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つび【粒】

つぶ。 「器うつわものに付たる-を取りて/今昔 3

つぶ【粒】

[1] ( 名 )
〔円つぶらの意か〕
まるくて小さいもの。 「大きな-の真珠」 「豆-」
人や物が集まった場合、その一つ一つの大きさや質。
小銭のこと。
植物ムクロジの異名。
( 接尾 )
助数詞。丸くて小さいものを数えるのに用いる。 「豆を一-二-と数える」
[句項目]

りゅう【粒】

( 接尾 )
助数詞。小さな粒つぶ状のものを数えるのに用いる。つぶ。 「丸薬三-を服用する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

粒 (ツブ)

植物。ムクロジ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物。ムクロジの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【小鼓】より

…音高と音色を調節するために,左手で調べを締めたりゆるめたりして革面の張力を加減し,手指のあたる位置を革面の中央や周辺部にしたり,打つ強さや打つ指の本数などを変える。打音は粒(つぶ)とよばれ,次の4種が基本である。乙(おつ)(ポと唱える。…

※「粒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粒の関連キーワード眼球ヘレフリンタ白粒岩レイノルズ効果(気象)コンプロマイズ境界デュラムセモリナセリエイト組織カーネルコーンハイアタル組織微花崗岩質組織トラップ白粒岩粒径頻度分布アモウサイト偽漸移的層面白粒片麻岩閉回路粉砕リズマイトルタセアス粒度分析級化層理結晶粒界雪あられ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粒の関連情報