ぼつぼつ(読み)ボツボツ

デジタル大辞泉の解説

ぼつ‐ぼつ

[副]
小さい点や穴が散らばっているさま。「紙にぼつぼつ(と)穴をあける」
物事が徐々に進行するさま。また、ゆっくりと物事にとりかかるさま。ぼちぼち。「ぼつぼつ(と)帰ろう」「ぼつぼつ(と)人が集まってくる」
雨の降りはじめるさま。「ぼつぼつ(と)降ってきた」
[名]散在している点や穴。つぶつぶ。「からだ中にぼつぼつができる」
[アクセント]ツボツ、はボツボツ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼつぼつ

[1] ( 副 )
急速にではなく徐々に物事を行なったり、物事が起こったりするさま。そろそろ。ぼちぼち。 「では-出かけようか」 「新茶が-出まわり始めた」
小さな穴や点、また、粒状のものがあちこちにあるさま。 「にきびが顔中に-できる」
[0] ( 名 )
いくつかある、小さな点や粒。 「顔に-ができる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼつ‐ぼつ

[1] 〘副〙
① 小さい点や粒が散在するさま、散らばっているさまを表わす語。ぽつぽつ
※俳諧・文化句帖‐元年(1804)八月「ぼつぼつと痩けいたうも月夜也」
② 雨の降り始めるさまを表わす語。ぽつぽつ。
※箕輪の心中(1911)〈岡本綺堂〉一「もうぼつぼつ降って来ました」
③ のんびりしているさま、また、物事を徐々に進めるさまやしはじめるさまを表わす語。ぼちぼちほつほつ
※歌舞伎・心謎解色糸(1810)四幕「銜へ煙管にてぼつぼつ眠り居る」
多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「此暇に徐々(ボツボツ)と支度を為るも可からう」
④ それをする時刻、また、時期になりつつあることを表わす語。そろそろ
※ハッピネス(1973)〈小島信夫〉三「もうボツボツやっこさん歩いてくる頃だな」
[2] 〘名〙 幾つか並ぶ小さな点、または粒状のもの。
[3] 〘形動〙 (一)③に同じ。
※真贋の森(1958)〈松本清張〉一「『どうだね、景気は?』〈略〉『はあ、どうやら、お蔭さまで、ぼつぼつです』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぼつぼつの関連情報