ぼつぼつ

精選版 日本国語大辞典「ぼつぼつ」の解説

ぼつ‐ぼつ

[1] 〘
① 小さい点や粒が散在するさま、散らばっているさまを表わす語。ぽつぽつ。
※俳諧・文化句帖‐元年(1804)八月「ぼつぼつと痩けいたうも月夜也」
② 雨の降り始めるさまを表わす語。ぽつぽつ。
※箕輪の心中(1911)〈岡本綺堂〉一「もうぼつぼつ降って来ました」
③ のんびりしているさま、また、物事を徐々に進めるさまやしはじめるさまを表わす語。ぼちぼちほつほつ
※歌舞伎・心謎解色糸(1810)四幕「銜へ煙管にてぼつぼつ眠り居る」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「此暇に徐々(ボツボツ)と支度を為るも可からう」
④ それをする時刻、また、時期になりつつあることを表わす語。そろそろ
ハッピネス(1973)〈小島信夫〉三「もうボツボツやっこさん歩いてくる頃だな」
[2] 〘名〙 幾つか並ぶ小さな点、または粒状のもの。
[3] 〘形動〙 (一)③に同じ。
真贋の森(1958)〈松本清張〉一「『どうだね、景気は?』〈略〉『はあ、どうやら、お蔭さまで、ぼつぼつです』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ぼつぼつ」の解説

ぼつ‐ぼつ

[副]
小さい点や穴が散らばっているさま。「紙にぼつぼつ(と)穴をあける」
物事が徐々に進行するさま。また、ゆっくりと物事にとりかかるさま。ぼちぼち。「ぼつぼつ(と)帰ろう」「ぼつぼつ(と)人が集まってくる」
雨の降りはじめるさま。「ぼつぼつ(と)降ってきた」
[名]散在している点や穴。つぶつぶ。「からだ中にぼつぼつができる」
[アクセント]ツボツ、はボツボツ
[類語](1ぷちぷちいぼいぼざらざらざらつくざらりざりざりじゃりじゃりつぶつぶぶつぶつ/(2そろそろ間もなく程なく・もうすぐ・もうじき・そろそろぼちぼちやがて追っつけ追ってそのうち今に今にも追い追い遠からず遅かれ早かれ早晩いずれいつか行く行く近日近近じきすぐ直ちに早速じきすぐにすぐさま直接もうきた日ならずして後日他日不日又の日近く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例