ぼつぼつ(読み)ボツボツ

デジタル大辞泉の解説

ぼつ‐ぼつ

[副]
小さい点や穴が散らばっているさま。「紙にぼつぼつ(と)穴をあける」
物事が徐々に進行するさま。また、ゆっくりと物事にとりかかるさま。ぼちぼち。「ぼつぼつ(と)帰ろう」「ぼつぼつ(と)人が集まってくる」
雨の降りはじめるさま。「ぼつぼつ(と)降ってきた」
[名]散在している点や穴。つぶつぶ。「からだ中にぼつぼつができる」
[アクセント]ツボツ、はボツボツ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼつぼつ

[1] ( 副 )
急速にではなく徐々に物事を行なったり、物事が起こったりするさま。そろそろ。ぼちぼち。 「では-出かけようか」 「新茶が-出まわり始めた」
小さな穴や点、また、粒状のものがあちこちにあるさま。 「にきびが顔中に-できる」
[0] ( 名 )
いくつかある、小さな点や粒。 「顔に-ができる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぼつぼつの関連情報