コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟国島 あぐにじま

4件 の用語解説(粟国島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粟国島
あぐにじま

沖縄県沖縄島西方海上の台地状火山島。1島で粟国村を構成する。沖縄島那覇市の北西約 60kmにあり,半円形で石灰岩に覆われ,最高点は 96m。面積 7.64km2。人口 936(2005)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あぐにじま【粟国島】

沖縄本島那覇市の北西約57kmの海上に位置する島。1島で沖縄県島尻郡粟国村をなす。人口968(1995)。主として琉球石灰岩からなるが,西部には火山岩もみられ,島のまわりには数段の海岸段丘が発達している。帆船時代には航海業者が多かった。半農半漁の島で,サトウキビカンショの栽培を主とした農業と,肉用牛の畜産が行われる第2次世界大戦前から那覇方面への出稼ぎの島として知られる。人口の高齢化が著しい。1978年に粟国空港が開港し,毎日4便那覇空港と結ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕粟国島(あぐにじま)


沖縄島の北西約50km沖の東シナ海にある島。面積7.6km2。1島で沖縄県粟国村をなす。南西端の筆(ふで)ん崎(さち)付近は高さ90m近い海食崖(かいしょくがい)が連なる。ソテツが茂り、周辺海域には珊瑚礁(さんごしょう)が発達。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粟国島
あぐにじま

沖縄県島尻(しまじり)郡粟国村の島で、1村をなす。那覇市の北西60キロメートルの洋上にある。面積7.64平方キロメートル。低平な台地状で、最高点96メートル。南西部に第三紀火山岩類が一部露出し、基盤岩をなすほかは、第四紀琉球(りゅうきゅう)石灰岩でほぼ全島が覆われ、海岸段丘の地形をなす。周囲はすべて裾礁(きょしょう)のサンゴ礁海岸のため、湾入に乏しい。人口844(2009)。[目崎茂和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粟国島の関連キーワード沖縄県島尻郡粟国村沖縄県那覇市久米沖縄県那覇市久茂地沖縄県那覇市辻沖縄県那覇市壺屋沖縄県那覇市泊豊見城〈村〉沖縄県那覇市西沖縄県那覇市牧志沖縄県那覇市若狭

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粟国島の関連情報