粟津橋本供御人(読み)あわづはしもとくごにん

世界大百科事典 第2版の解説

あわづはしもとくごにん【粟津橋本供御人】

近江の粟津・橋本(現,大津市)に居住し,朝廷の内膳司に属して天皇の膳部の食品貢納を任務とした集団。平安後期に淵源し,皇室料地である御厨(みくりや)の荘園化によって従来の贄人(にえびと)が再組織されたものといわれる。1274年(文永11)には京都の六角町に進出して,店舗4軒を経営し,琵琶湖産のコイ,フナ,フナずしなど魚介類の販売を始めていた(六角供御人)。彼らは漁民であると同時に商人として他郷に早くから進出し,公家役のいっさいを免除されるとともに,諸国往来の自由通行権をも獲得した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の粟津橋本供御人の言及

【勢多】より

…このように橋本御厨は,内蔵寮頭を世襲した山科中納言家の荘園化していく。鎌倉期になると,対岸の粟津と一体化して粟津橋本供御人と称され,京都の六角町に進出して常設店舗を構え,魚介類の販売に従事した。やがて彼らは山科家と御厨子所に座役と称する銭貨を納入するほかは純然たる魚介商人と化し,室町時代になると魚介のほか塩,塩合物,日用雑貨の販売にまで業務を拡大し,幕府,朝廷からは専売権と自由通行権を獲得して京都の商業界を牛耳る勢力にまで発展したが,16世紀後半,山科家の没落とともに特権を失って解体した。…

※「粟津橋本供御人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android