コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀見峠 きみとうげ

5件 の用語解説(紀見峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀見峠
きみとうげ

紀伊見 (きいみ) 峠ともいう。大阪府河内長野市和歌山県橋本市の境にある峠。標高約 438m。大阪と高野山を結ぶ高野街道和泉山脈を横切るところにあり,古くから高野山詣での往来が多かった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

紀見峠【きみとうげ】

大阪から高野山へ通じる高野街道が,和泉山脈を越える峠。標高約380m。峠から紀伊国を望むのでこの名があり,高野山参拝でにぎわった。中世には軍事上の要所で,江戸時代には和歌山藩が番所を置いた。
→関連項目金剛生駒紀泉国定公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きみとうげ【紀見峠】

大阪府河内長野市と和歌山県橋本市との境界にある峠で,国道170号線が葛城山脈を越える鞍部に位置する。標高約380m。紀伊見(きいみ)峠ともいう。峠道は平安時代初期に南海道の官道として整備され,次いで高野参詣が盛んとなってから高野街道と呼ばれた。高野街道は南河内から紀ノ川流域に至る唯一の幹線道路で,京都,大阪,堺方面からの高野山巡礼者の往来でにぎわい,江戸時代には峠に宿屋,掛茶屋が並び,紀州藩によって番所が設置されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府(和歌山県)〕紀見峠(きみとうげ)


大阪・和歌山の府県境をなす和泉(いずみ)山脈東部の鞍部(あんぶ)を越える峠。標高約380m。古くから摂津(せっつ)・河内(かわち)・和泉(いずみ)3国と紀州(きしゅう)を結ぶ高野(こうや)街道が通り、高野山への参詣(さんけい)路として利用された。現在、直下を国道371号の紀見トンネル、西約300mを南海(なんかい)電気鉄道高野線の紀見峠トンネルが抜ける。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀見峠
きみとうげ

和歌山県北東部の橋本市と大阪府河内(かわち)長野市との境にある峠。和泉(いずみ)山脈を越える峠で京・大坂からの高野(こうや)街道が通じた。峠からは紀伊国を一望できることから紀見峠または紀伊見峠という。宿場があり、江戸時代は和歌山(紀伊)藩の伝馬所も置かれた。1914年(大正3)南海電鉄高野線のトンネル開通以後衰えた。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀見峠の関連キーワード大阪府河内長野市太井大阪府河内長野市木戸大阪府河内長野市小深大阪府河内長野市清水大阪府河内長野市滝畑大阪府河内長野市高向大阪府河内長野市長野町大阪府河内長野市日東町大阪府河内長野市日野大阪府河内長野市本町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紀見峠の関連情報