コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納経 のうきょう

5件 の用語解説(納経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

納経
のうきょう

現世の安穏,来世の吉祥を願うため,あるいは死者の追善供養のために神社,仏閣に経文を納めること。平安時代末期から,ことに盛んになったもので,厳島神社の『平家納経』は著名である。江戸時代には国内六十六所の霊場をめぐり経文を納める「六十六部納経」が行われるようになったが,この場合は経文携帯の不便から,のちには金銭を奉納して経文に代え,納経帳に仏号,寺号,三宝印などを受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のう‐きょう〔ナフキヤウ〕【納経】

現世の安穏、来世の幸せを祈願し、あるいは追善供養のために、経文を写して諸国の霊場に納めること。
経文の代わりに、金銭を寺社に奉納し、供養を願うこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

のうきょう【納経】

書写した経巻を寺社に奉納して信仰の深さをしめし,神仏の加護や故人の冥福を祈ること。巡礼者がおこなう場合は,たとえば日本回国六十六部聖(ひじり)ならば,《法華経》六十六部(1部は8巻)を写経し,これを諸国一宮(いちのみや)に奉納して歩く。したがってこれを経聖(きようひじり)という。しかしのちにはこれを忘れて,西国三十三所観音霊場巡礼や四国八十八ヵ所観音霊場遍路のように,仏前で経巻を読誦することを納経というようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のうきょう【納経】

追善供養のために書写した経文を寺社に奉納すること。
寺社を巡拝して、経文の代わりとして金銭あるいは米などを奉納すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

納経
のうきょう

『法華経(ほけきょう)』などの経典を寺社に奉納すること。写経の功徳(くどく)を霊場信仰に結び付けて高める方法で、12世紀後半ごろに始まり、多くは勧進聖(かんじんひじり)がかかわった。先行する経塚(きょうづか)への埋経と一連の関係がある。平清盛(きよもり)一門が厳島(いつくしま)社に奉納した平家納経は、『法華経』を中心とする装飾経の優品でもある。同じころから転読に供する『大般若経(だいはんにゃきょう)』を寺社に施入することも多くなる。しかし代表的なのは六十六部如法経(にょほうきょう)の方式である。これは12世紀末に初見し、全国66国の霊場に『法華経』を埋納したり、写経や読誦(どくじゅ)を奉納する回国行として発達し、納経先の寺社からは請取(うけとり)状が出された。これが16世紀に急増、近世には、他の霊場巡礼とともに簡便化し、ただ霊場に参詣(さんけい)するのを納経といったり、金品を納めて寺社から三宝印(さんぼういん)、寺印を受け、これを集めた集印帳を納経帳というに至った。[菅原昭英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

納経の関連キーワード深さゲージ平家納経積雪一日経奉納歌末代夏書夏書納め奉納手拭い玉串料と真榊(まさかき)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

納経の関連情報