コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納経 のうきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

納経
のうきょう

現世の安穏,来世の吉祥を願うため,あるいは死者の追善供養のために神社,仏閣に経文を納めること。平安時代末期から,ことに盛んになったもので,厳島神社の『平家納経』は著名である。江戸時代には国内六十六所の霊場をめぐり経文を納める「六十六部納経」が行われるようになったが,この場合は経文携帯の不便から,のちには金銭を奉納して経文に代え,納経帳に仏号,寺号,三宝印などを受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のう‐きょう〔ナフキヤウ〕【納経】

現世の安穏、来世の幸せを祈願し、あるいは追善供養のために、経文を写して諸国の霊場に納めること。
経文の代わりに、金銭を寺社に奉納し、供養を願うこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

のうきょう【納経】

書写した経巻を寺社に奉納して信仰の深さをしめし,神仏の加護や故人の冥福を祈ること。巡礼者がおこなう場合は,たとえば日本回国六十六部聖(ひじり)ならば,《法華経》六十六部(1部は8巻)を写経し,これを諸国一宮(いちのみや)に奉納して歩く。したがってこれを経聖(きようひじり)という。しかしのちにはこれを忘れて,西国三十三所観音霊場巡礼や四国八十八ヵ所観音霊場遍路のように,仏前で経巻を読誦することを納経というようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

のうきょう【納経】

追善供養のために書写した経文を寺社に奉納すること。
寺社を巡拝して、経文の代わりとして金銭あるいは米などを奉納すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

納経
のうきょう

『法華経(ほけきょう)』などの経典を寺社に奉納すること。写経の功徳(くどく)を霊場信仰に結び付けて高める方法で、12世紀後半ごろに始まり、多くは勧進聖(かんじんひじり)がかかわった。先行する経塚(きょうづか)への埋経と一連の関係がある。平清盛(きよもり)一門が厳島(いつくしま)社に奉納した平家納経は、『法華経』を中心とする装飾経の優品でもある。同じころから転読に供する『大般若経(だいはんにゃきょう)』を寺社に施入することも多くなる。しかし代表的なのは六十六部如法経(にょほうきょう)の方式である。これは12世紀末に初見し、全国66国の霊場に『法華経』を埋納したり、写経や読誦(どくじゅ)を奉納する回国行として発達し、納経先の寺社からは請取(うけとり)状が出された。これが16世紀に急増、近世には、他の霊場巡礼とともに簡便化し、ただ霊場に参詣(さんけい)するのを納経といったり、金品を納めて寺社から三宝印(さんぼういん)、寺印を受け、これを集めた集印帳を納経帳というに至った。[菅原昭英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

納経の関連キーワード深見 重助(13代目)道明新兵衛(7代)六部(仏教)一巻き・一巻守屋 多々志仏教考古学田中 親美巴(模様)法華経美術守屋多々志田中親美求菩提山久能寺経引目鉤鼻神仏習合十羅刹女小松茂美御朱印一品経見返し

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

納経の関連情報