コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紺屋 こうや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紺屋(こうや)
こうや

紺掻(こんかき)屋が略されたという。紺掻きは紺染め(藍(あい)染め)を専業とする職人で、13世紀の中世初期の誕生である。「こんや」ともいう。掻くとは、藍を藍甕(あいがめ)に溶かして底に沈まないように掻き回して染めることをいう。17世紀の近世では、いろいろな染色職人をさすこともあったが、多く植物染料別に分化していた。紺屋は初めはヤマアイ、のちにはタデアイを使った。衣料などの織物は近世でも自家生産であったが、その材料の布や糸の染色は紺屋などの専業者に頼んでいた。町では職人町として集住し、村でも何軒かが定住し、いずれも居職(いじょく)で注文に応じていた。中世ではヤマアイの栽培、藍建て(染料生産)、藍染めの3工程をしていたが、近世では藍建て、藍染めの2工程となり、染料のタデアイの葉からつくった(すくも)、玉藍の生産者の藍師(藍屋)が生まれ、そこから供給された。藍甕は、近世では四つ並べて土中に埋め、火壺(ひつぼ)で加温して藍の発酵を早めるようになった。しかし、農村などの自家生産では全工程が行われ、気温による自然発酵に頼る所もある。染色の仕事は、一般に家族労働によることが多く、伝統的に女性が主体となっていた。近代になってからは、ほかの染色や洗い張りも行い、悉皆(しっかい)屋・染物屋のことともなった。また、現代では鉱物質染料も使われ、本来の紺屋の仕事は圧迫されるようになった。なお、染めの基本としては、浸し染め、型染め、引き染めの三つがあった。[遠藤元男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

紺屋の関連キーワード染め物屋・染物屋紺掻き・紺搔き間人(もうと)箕売りが古箕染め師・染師かめのぞき鶴屋南北茶屋染め近江蚊帳仕事着虎落笛染物師紺屋垣内

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紺屋の関連情報