コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結合水 けつごうすいbound water

6件 の用語解説(結合水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結合水
けつごうすい
bound water

生体組織に含まれる水の一部は,蛋白質分子,親液コロイド粒子などの成分物質と強く結合しているため,乾燥されにくく,氷点で凍結しない。これを結合水という。自由水と異なり,溶媒としての作用がない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けつごう‐すい〔ケツガフ‐〕【結合水】

自由水に対し、水和など結合状態にある水。生体組織をつくるたんぱく質炭水化物、土壌の腐植質、粘土、結晶などの構成分子と結びついている水。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

結合水

 不凍水ともいう.自由水の対語.生体や食品が強く引き付けている水.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けつごうすい【結合水 bound water】

結晶,水溶液,ゲル,生体組織,土壌などの水を含む系において,その成分になんらかの結合をした水を結合水とよぶ。結合水に対し,通常の水を自由水free waterとよぶことがある。結合水と自由水との定性的な違いは,なんらかの結合という束縛の影響で,結合水のほうが自由水より凍りにくいとか,蒸発しにくい,あるいは乾燥しにくいといった点にある。これは,上記の水を含む系の中の一部または全部の水が結合水となり,通常の水とは異なる物理的・熱力学的性質(構造,圧縮率,沸点,融点,蒸気圧,熱容量など)を示すことによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けつごうすい【結合水】

結晶中・生体内・土壌・木材中などに含まれている水のうち、それらの構成分子と水素結合などにより結びついている水。水和水・結晶水・吸着水・親水コロイドに結合した水などがある。 → 自由水

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結合水
けつごうすい
bound water

生体、土壌などに含まれる水のなかで、濾過(ろか)や風乾のような簡単な操作では除去できない水をいう。それらの構成分子あるいは結晶と、水素結合以上の強い相互作用で引き付けられている水と考えられている。結晶水や親水コロイドの安定化に寄与する水が例である。鉱物では、粒子間に物理吸着した水も簡単な操作では除去されないことがあり、現象的には結晶水との区別は困難である。なお、結合水に対して、除去が容易で移動が自由な水を自由水という。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

結合水の関連情報