コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絨毛がん じゅうもうがん Choriocarcinoma

1件 の用語解説(絨毛がんの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じゅうもうがん【絨毛がん Choriocarcinoma】

胞状奇胎(ほうじょうきたい)や流産の後は要注意
[どんな病気か]
[症状]
[検査と診断]
◎治療後の経過もたいせつ
[治療]
[予防]

[どんな病気か]
 絨毛がんは妊娠性(妊娠にともなっておこる)のものと、非妊娠性(妊娠に関係なくおこる)のものの2種類に分けられますが、ほとんどは妊娠性です。
 妊娠すると、胎盤(たいばん)を形成する絨毛細胞という細胞ができます。それらの絨毛細胞が、妊娠が終わった後にもからだの中に残っていて、悪性に変化したものが絨毛がんです(ごくまれには、妊娠中に胎盤の一部の絨毛細胞が、がん化することもあります)。
 したがって、妊娠性のものは妊娠したことのある女性にしか発生しませんが、あらゆる妊娠(自然流産人工妊娠中絶、早産、正常分娩(ぶんべん)、子宮外妊娠)の後に発生する可能性があります。
 また、妊娠性の絨毛がんが発生した場合、その原因となった妊娠を先行妊娠といいます。
 なかでも、胞状奇胎(「胞状奇胎」)を先行妊娠とした場合は、とくに発生頻度が高くなります(胞状奇胎の1~2%)。
 絨毛がんは、妊娠可能な女性であれば年齢に関係なく発生しますが、ときには胞状奇胎の10年後に発生することもあり、閉経(へいけい)した女性でもその可能性はあります。妊娠全体の数が圧倒的に若い女性に多いので、絨毛がんの発生数も若い女性に多くなりますが、年齢別の妊娠数に対する発生比率は、高年齢者ほど高くなります。
 なお、理由はわかっていませんが、胞状奇胎の発生頻度が日本を含むアジア地域に高いので、妊娠性絨毛がんの発生頻度もアジアが高くなっています(欧米と比較して一般的に3~4倍)。
 非妊娠性の絨毛がんは、胚細胞腫瘍(はいさいぼうしゅよう)の1つの型として発生するもの(卵巣(らんそう)絨毛がん、睾丸(こうがん)絨毛がんなど)と、他のがん(胃がん(「胃がん」)、肺がん(「肺がん」)など)の分化異常によるものがあります。これらは性別や年齢に関係なく、また、妊娠経験の有無にかかわらず発生します。非妊娠性のものは妊娠性のものより予後が悪いとされています。
 非妊娠性の絨毛がんは妊娠性のものに比べ頻度が低いので、ここではおもに妊娠性絨毛がんについて解説します。

[症状]
 絨毛がんのもっとも多い、そして重要な症状は、子宮からの不正性器出血、つまり妊娠が終わった後の長引く出血、あるいは月経以外の出血などです。
 また、絨毛がんはほかの臓器に転移(てんい)しやすく、転移した部位で出血をおこし腫瘤(しゅりゅう)(しこり)を形成するので、それによる症状が出ることもあります。
 とくに多い肺転移の場合は、胸痛、呼吸困難、血(けっ)たん、せきなどの症状が出たり、脳転移では頭痛、まひ、意識障害けいれん、腎臓(じんぞう)転移では血尿などをおこし、腟(ちつ)転移では暗赤色の腫瘤ができます。
 したがって、必ずしも最初に産婦人科を訪れるとはかぎらず、その転移部位の症状によって、内科、脳神経外科泌尿器科(ひにょうきか)などを訪れて発見されることがあります。
 基礎体温をつけている場合は、妊娠していないのに高温相が続いたり、不規則になってきます。
 多くのがんの原因がまだわからないように、絨毛がんの発生原因もいまだ不明です。

[検査と診断]
 絨毛細胞は、絨毛性ゴナドトロピン(hCG)を産生・分泌(ぶんぴつ)することが特徴です。
 絨毛細胞ががん化した絨毛がんも、同じようにhCGを産生・分泌します(非妊娠性絨毛がんも同じ)。hCGの値は、絨毛がん細胞の数と相関関係にあります(値が高いほど絨毛がん細胞の数が多い)。したがって、「絨毛がん」があり、新しい妊娠をしていないのにhCGが検出されれば、絨毛がんを疑って検査を進めていきます。
 最終的な診断は、手術で摘出(てきしゅつ)したものを顕微鏡で見る組織検査によって確定されますが、手術前あるいは手術をしない場合は、絨毛がん診断スコアを用いて診断します(スコアが5点以上のとき90%以上の確率で絨毛がん)。
 また、超音波断層法、CT、MRI、胸部X線撮影、骨盤動脈(こつばんどうみゃく)撮影などを行ない、どこに病巣があるのか、転移していないか、腫瘍の大きさはどれくらいなのかなどを検査します。

[治療]
 手術で病巣(子宮、肺の一部、脳の一部など)を摘出する方法、抗がん剤メトトレキサートアクチノマイシンD、エトポシドなど)を用いた化学療法、あるいはそれら両者を組み合わせた方法が治療の基本です。脳に転移がある場合には、放射線療法が行なわれることもあります。
 どの方法を用いるかは、病巣の広がり(転移の部位)や腫瘍の大きさ、そして、その後の妊娠を希望しているかどうか(妊孕性(にんようせい))などにより総合的に判断されます。しかし、生命に危険をおよぼすがんなので、子宮に病巣がある場合は、特別な症例をのぞいて、妊孕性の温存は二のつぎで、子宮の摘出(子宮単純全摘出術)を行ないます。
 そして、必ず抗がん剤による化学療法を行ない、それをどのくらい続けるか、あるいはいつ打ち切るかはhCGの値を参考にして決めます。
 絨毛がんの寛解率(かんかいりつ)(治療終了の時点で一応治ったと判断される率)は、転移がないものでは90%以上ですが、転移性(脳、肝臓)のものでは50%以下、再発したものでは40~75%とされています。他のがんと同じように、再発に注意し、治療後も慎重に経過を観察し続けることがたいせつです。基礎体温(卵巣が残っている場合)を測定し、少なくとも5年以上(もっと後になっての再発も報告されています)は、定期的に医師の診察を受けるようにしましょう。

[予防]
 絨毛がんの発生を予防する手段はありませんが、その約50%は胞状奇胎を先行妊娠として発生しているので、胞状奇胎を分娩したあとの管理(経過を観察し続ける)がたいせつです。管理することによって、早期に絨毛がんを発見、治療を開始することができるからです。
 胞状奇胎後の絨毛がん発生率は、ふつう1~2%とされていますが、管理された場合は0.3%、管理されない場合は4.5%という報告があります。
 しかし、最近は管理方法が確立してきたので、胞状奇胎後の絨毛がん発生率は減少してきており、管理することのできない正常分娩や、流産後の発生頻度のほうが相対的に高くなってきています。ですから、どんな妊娠の後でも、前記のような症状があったら、注意することがたいせつです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

絨毛がんの関連キーワード胞状奇胎鬼胎豊饒違法状態国防情報局葡萄状鬼胎放生池細胞状ボーキサイト細胞状ドロマイト北条氏宗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone