コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿向山 わたむきやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綿向山
わたむきやま

滋賀県南東部,東近江市甲賀市日野町の2市1町の境界付近にある山。鈴鹿山脈の主峰の一つ。標高 1110m。鈴鹿山脈はこの付近で西に向かって急な綿向断層崖をなして近江盆地に臨む。断層崖の「綿向山麓の接触変質地帯」 (国指定天然記念物) でケイ灰石などがみられる。山麓の日野町にある馬見岡綿向神社はかつて山頂にあったもので,綿向山が神体。山頂付近にブナの天然林がある。鈴鹿国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綿向山
わたむきやま

滋賀県南東部、蒲生(がもう)郡日野町、甲賀(こうか)市土山(つちやま)町の境にある山。鈴鹿(すずか)山脈の一峰で、日野岳、朝日岳ともよばれる。標高1110メートル。秩父中・古生層からなり、西の山麓(さんろく)部には国指定天然記念物の「接触変質地帯」がある。周辺は、かつては日野蚕種・日野絹の名で知られた養蚕地域であったが、養蚕は衰退した。「わたむき」は「わたつむぎ」から転化したといわれ、山麓の日野町にある蚕の祖神を祀(まつ)る綿向神社の神体山として古くから山岳信仰の対象とされてきた。山頂部には綿向神社の奥の院があり、社殿の造替は20年ごとに行われる。西麓には西明(さいみょう)寺がある。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

綿向山の関連キーワード永源寺(旧町名)日野川

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android