コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総定員法 そうていいんほうTotal Staff Number Law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総定員法
そうていいんほう
Total Staff Number Law

国家公務員の総定員上限を定めている法律。正式名称は「行政機関の職員の定員に関する法律」。 1968年度より施行。それまで各省庁ごとに定員が定められていたものを改めた。ただし,大臣などの政治的任命職,自衛官現業職員,国立医科・歯科大学の教職員,病院職員は,適用を除外されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

総定員法

国の組織と人員膨張を防ぐために、1969年度から総定員法(正式名称は、「行政機関の職員の定員に関する法律」)が施行されている。これは、省庁ごとに定められていた定員の決定を改め、国家公務員の総定員の上限を定めたものである。同法の適用対象からは、大臣などの政治的任命職、現業職員、自衛官などは除外されている。

(新藤宗幸 千葉大学法経学部教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

総定員法【そうていいんほう】

行政機関の職員の定員に関する法律の通称。1969年に制定された,国家公務員の定員の最高限度を定めた法律(1969年制定時は50万6571人で,1985年50万9508人に変更)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうていいんほう【総定員法】

国の行政機関の定員の最高限度を定めた〈行政機関の職員の定員に関する法律〉の通称。同法は1969年に制定され,その後の国の定員管理について,基本的な法律となっている。第2次大戦後,定員管理についての法制度は変化してきているが,69年当時は,各省別の定員を個別に各省設置法で定めることとなっていた。しかし,当時の制度においては定員の増加を十分に統制できず,また弾力的な定員管理ができないなどの問題が指摘され,総定員法が制定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

総定員法の関連キーワード中央省庁等改革基本法定員削減計画特別職

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android