コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美土里[町] みどり

世界大百科事典 第2版の解説

みどり【美土里[町]】

広島県中央北部,高田郡の町。人口3660(1995)。北は島根県に接し,中国山地の積雪寒冷地帯である。可愛(えの)川支流の生田(いけだ)川と本村(ほむら)川が東流,両川に沿ってわずかな耕地が開ける。当町域から東に接する高宮町にかけて,平安時代末期には長講堂領の吉茂(よししげ)荘が置かれた。文化的に石見,出雲の影響を受けた地域であるが,戦国時代には石見国阿須那(あすな)(現,島根県邑智郡羽須美村)の藤掛城主高橋氏の勢力下にあり,生田に高橋城,横田に松尾城など,支城や出城が配されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android