羽曳野[市](読み)はびきの

百科事典マイペディアの解説

羽曳野[市]【はびきの】

大阪府中部の市。1959年市制。羽曳野丘陵から石川流域にわたり,大正末期から住宅地として開発,戦後は公営・公団住宅が建設され住宅都市として発展,人口増加が続いている。中心の古市(ふるいち)は古くから竹内街道と東高野街道の交差する要地で,近鉄南大阪線が通じ同長野線を分岐する。酒造,食品,紙器などの工業があり,果樹,特にブドウ,イチゴを産する。応神天皇陵など多くの古墳,誉田(こんだ)八幡宮,西琳寺,野中寺などの古社寺がある。阪和,西名阪自動車道が通じる。26.45km2。11万7681人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はびきの【羽曳野[市]】

大阪府南東部の市。1959年南大阪町が市制,改称。人口11万7735(1995)。東部は二上(にじよう)山の北西斜面,西部は羽曳野丘陵で,中央部は大和川の支流石川の河谷平野である。難波と飛鳥を結ぶ竹内街道が東高野街道(国道170号線)と会合するところに中心集落の古市がある。付近には応神陵,清寧陵,安閑陵,日本武尊陵と伝えられる前方後円墳などが集まった古市古墳群が存在する。明治までは古市が市場町として発達したほかは農村地帯であったが,1899年に河陽鉄道(現,近鉄長野線)が,1923年に大阪鉄道(現,近鉄南大阪線)が開通して以後,沿線に住宅地が形成され始め,第2次大戦後,羽曳野ネオポリスの造成など住宅開発が本格化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android