コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肋間神経痛 ろっかんしんけいつう intercostal neuralgia

6件 の用語解説(肋間神経痛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肋間神経痛
ろっかんしんけいつう
intercostal neuralgia

肋間神経 (→胸神経 ) に沿って起る痛み。痛みはうしろから前に,普通は片側に起り,右側よりは左側に多い。激しい痛みが発作的に起り,深呼吸,咳,高声の談話などによってひどくなり,肋骨の間を押すと圧痛がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ろっかん‐しんけいつう〔ロクカン‐〕【×肋間神経痛】

肋間神経の分布領域に生じる神経痛。侵された神経の高さに沿って帯状に痛む。肋骨脊椎の病気が原因となるが、原因不明の場合も多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

肋間神経痛【ろっかんしんけいつう】

肋骨の間を走る脊髄神経である肋間神経に沿って起こる神経痛。激痛が肋骨に沿って後ろから前に放散,肋間を押すと圧痛がある。深呼吸や咳(せき)は神経痛を誘発しやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ろっかんしんけいつう【肋間神経痛 intercostal neuralgia】

肋間神経に生ずる激しい痛み。突発的に生ずる肋骨の走行に沿ったつきさすような痛みで,外傷,感染,圧迫,寒冷などにより生ずると考えられ,肋骨の下面を押すと圧痛がみられ,咳や深呼吸により増強する。ウイルス性疾患である帯状疱疹肋間神経痛をきたすことがあるが,同時に神経の支配領域に相当する部位に小水疱をもった発疹を伴うことが特徴である。肋間神経痛と鑑別すべきものとしては,骨疾患のための骨痛や脊髄疾患などのほかに,胸腔内および腹部臓器の疾患のための痛みがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ろっかんしんけいつう【肋間神経痛】

肋間神経の疼痛とうつう。肋間神経が圧迫・癒着などの影響を受けると、神経の走っている部分に沿って痛みが起こる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肋間神経痛
ろっかんしんけいつう
intercostal neuralgia

急激におこり、椎骨(ついこつ)より肋骨に沿って前方に放散する痛みを特徴とする病気で、痛みは比較的短時間で治まるが反復する。肋間神経は肋間筋の運動および前胸部や側胸部の皮膚の知覚を支配している神経で、肋骨に沿って走行しており、第5~第9肋間神経が侵されやすい。原因がみいだせない原発性肋間神経痛もあるが、帯状疱疹(ほうしん)、肋骨・脊椎(せきつい)疾患、脊髄腫瘍(しゅよう)、大動脈瘤(りゅう)、胸膜炎、心臓疾患など種々の病気が原因となっておこる続発性肋間神経痛が多い。続発性肋間神経痛では体位や咳(せき)・深呼吸など胸郭運動によって疼痛(とうつう)が増強し、原因疾患の治療が必要で、対症的には鎮痛剤やビタミン剤などが投与される。原発性肋間神経痛の場合には、リドカインなど局所麻酔剤あるいはアルコールによる肋間神経ブロックが行われることもある。ちなみに、肋間神経ブロックは肋間神経痛の治療ばかりでなく、ときに上腹部手術の補助麻酔や胸壁手術の麻酔に用いられることもある。[海老原進一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の肋間神経痛の言及

【神経痛】より

…痛みは持続性で,刺すように鋭く,鎮痛剤やカルバマゼピンなどの抗痙攣剤の内服または神経ブロックが行われるが,難治性で,ときには1年以上も続くことがある。
[肋間神経痛intercostal neuralgia]
 肋間神経は胸神経の前枝で,肋骨に沿って走る12対の神経であり,肋間筋の運動および胸部の感覚を支配している。本症では,この神経に沿って痛みが存在し,呼吸など胸部運動によって増悪する。…

【胸痛】より

…胸壁の神経のうち,肋骨の間を走行する神経(肋間神経)の病気では,その走行に一致して,刺すような痛みを感ずる。これが肋間神経痛である。同じような症状を示すものに,神経区域に一致して,発疹を発生するウイルス性疾患の帯状疱疹がある。…

【神経痛】より

…痛みは持続性で,刺すように鋭く,鎮痛剤やカルバマゼピンなどの抗痙攣剤の内服または神経ブロックが行われるが,難治性で,ときには1年以上も続くことがある。
[肋間神経痛intercostal neuralgia]
 肋間神経は胸神経の前枝で,肋骨に沿って走る12対の神経であり,肋間筋の運動および胸部の感覚を支配している。本症では,この神経に沿って痛みが存在し,呼吸など胸部運動によって増悪する。…

※「肋間神経痛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

肋間神経痛の関連キーワード胚珠雷鳴気絶生ずる知覚神経突発的肋間神経神経障害性疼痛顔面痛パレステジー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肋間神経痛の関連情報