コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能力主義管理 のうりょくしゅぎかんり

世界大百科事典 第2版の解説

のうりょくしゅぎかんり【能力主義管理】

この用語の提唱者である日本経営者団体連盟(日経連)は,〈従業員職務遂行能力を発見し,より一層開発し,より一層有効に活用することによって労働効率を高める人事労務管理諸施策の総称である〉と定義している(《能力主義管理》1969)。この意味で能力主義管理を考えるに当たっては以下の3点に注目すべきである。 第1に,すぐれて歴史的所産であるということである。敗戦による経済の混乱以降,経営者は対決を中心とする労使関係をいかにしたら協力体制にまで改善しうるのか,労働力の非効率的活用をいかにしたら効率化しうるのかを一貫して模索してきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の能力主義管理の言及

【資格制度】より

…また管理職のうちでラインの役職位とは別の広義の専門職位も,すべていずれかの等級に格付けされる。 資格制度は1960年代の後半以降,勤続年数と学歴の差を重んじた年功的人事管理(年功的労使関係)から社員の職務遂行能力に重きをおくいわゆる能力主義管理への移行にあたって,後者の制度的主柱として導入された。このため従業員の処遇,配置,教育訓練などの実際の運用にあたって,資格制度がその基準として位置づけられることになった点にとくに留意すべきである。…

【年功的労使関係】より

…(3)1960年代以降,若年労働力不足のために,中小企業では定期採用により必要な新規学卒労働力を獲得することが難しくなり,中途採用者が増加した。こうして,経営者の中でも能力主義管理の思想が主張され,また能力評価,業績評価の技術が開発・導入され,賃金についても従業員がやっている職務の難易度,責任度で決める職務給,職務進行能力を基準とする能力給が導入され,初任給,昇給による基本給プラス職務給,能力給という併存型賃金体系が普及し,その結果,年齢別・勤続年数別賃金格差は縮小してきた。 70年代に入ると,人口の急速な高齢化が認識されるようになり,従来一般的であった55歳定年を60歳定年に延長することが労使間および政府の重要課題となった。…

※「能力主義管理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

能力主義管理の関連キーワード企業内教育年功賃金職能給

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android