コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎症候性出血熱(流行性出血熱) じんしょうこうせいしゅっけつねつりゅうこうせいしゅっけつねつ Epidemic Hemorrhagic Fever with Renal Syndrome

1件 の用語解説(腎症候性出血熱(流行性出血熱)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じんしょうこうせいしゅっけつねつりゅうこうせいしゅっけつねつ【腎症候性出血熱(流行性出血熱) Epidemic Hemorrhagic Fever with Renal Syndrome】

[どんな病気か]
 セスジノネズミが保有するウイルスが、ダニの媒介(ばいかい)で人間に感染しておこる病気で、ロシアで出血性糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)と呼ばれている病気、旧日本軍が流行性出血熱と命名した病気、韓国で韓国型出血熱と呼ばれている病気は、いずれも同一の病気です。
 常在地は、朝鮮半島、中国の東北地方、ロシアのシベリア地方、スカンジナビア半島東ヨーロッパの国々です。
[症状]
 2~3週間の潜伏期間の後、急に高熱が出て、4~5日続きます。そして、頭痛、嘔吐(おうと)、眼球結膜(がんきゅうけつまく)や軟口蓋(なんこうがい)の発赤(ほっせき)と出血斑(しゅっけつはん)、顔や上胸部の日焼け状の皮膚発赤や出血斑が現われます。
 発病から4日目ころ解熱しますが、その直前に血圧が低下し、ひどいショック状態になります。
 ついで乏尿(ぼうにょう)から無尿となり、幻覚、けいれん、肺水腫(はいすいしゅ)をおこして約5%の人が死亡します。
 この時期をもちこたえると、9~11病日から尿量が増え、回復します。
[治療]
 特効薬はありません。播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)(「播種性血管内凝固症候群(DIC)」)に対する副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬、急性腎不全(じんふぜん)に対する人工透析(じんこうとうせき)、細菌の感染予防に抗菌薬などが用いられます。
[予防]
 ノネズミの駆除(くじょ)が有効です。人から人への感染の報告はありませんが、病人の血液や尿の取り扱いに注意します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

腎症候性出血熱(流行性出血熱)の関連キーワード家鼠黒鼠鼠鳴き鼠穴鼠生ひ鼠返し鼠紙鼠算野鼠袋の鼠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone