腺熱リケッチア症(読み)センネツリケッチアショウ

  • せんねつリケッチアしょう〔シヤウ〕
  • 腺熱リケッチア症 Rickettsiosis of Glandular Fever

家庭医学館の解説

[どんな病気か]
 全身のリンパ節(せつ)の腫(は)れ、発熱のほか、血液検査で異型(いけい)リンパ球(単核球(たんかくきゅう))の増加がみられる感染症です。
 この病態を示す病気のうち、リケッチアの感染によっておこるものを腺熱リケッチア症といい、EBウイルスの感染によっておこるものは伝染性単核症(「伝染性単核症」)といいます。
 腺熱リケッチアの感染経路や媒介(ばいかい)する動物はまだ不明です。
[症状]
 潜伏期間は10日前後です。初め、全身倦怠(ぜんしんけんたい)、咽頭痛(いんとうつう)、頸部(けいぶ)リンパ節の腫れなどが3~6日続きます。夕方、寒けとともに熱が上昇し、夜半から明け方にかけて発汗とともに下がります。
 第2病週になると、全身のリンパ節が腫れて大きくなり、咽頭炎、結膜炎(けつまくえん)、まぶたのむくみ、皮膚に「はしか」のような発疹(ほっしん)などのみられることが多いものです。
 これらの症状は、2週間前後続いて消えますが、リンパ節の腫れはしばらく残ります。
 症状と血液の顕微鏡検査、ワイルフェリックス反応の成績などから診断します。
[治療]
 テトラサイクリンやクロラムフェニコールが特効薬で、つつがむし病(「つつがむし病」)と同じように治療します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

古くから九州各地で知られる、全身のリンパ節の腫れ、発熱、血液中の単核球の増加を主症状とする感染症。分離された病原体はリケッチアセンネツと名付けられた。ヒトからヒトへは感染しない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (リケッチアはRickettsiosis) 腺熱リケッチアによる感染症。全身のリンパ節の腫脹、発熱、咽頭発赤を認める。発生は九州・高知県・広島県に分布し、風土病的である。日向熱もその一つで宮崎県で見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android