元慶寺(読み)ガンギョウジ

デジタル大辞泉の解説

がんぎょう‐じ〔グワンギヤウ‐〕【元慶寺】

がんけいじ(元慶寺)

がんけい‐じ〔グワンケイ‐〕【元慶寺】

京都市山科(やましな)区北花山河原町にある天台宗の寺。山号華頂山陽成天皇の出産に際して、貞観11年(869)遍昭開創後年藤原兼家らの策謀によって、花山天皇はこの寺で出家した。花山寺。がんぎょうじ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

がんぎょうじ【元慶寺】

京都市山科区にある天台宗の寺。〈がんけいじ〉とも読む。華頂山と号し,花山寺ともいう。陽成天皇誕生のとき母后藤原高子が創建し,877年(元慶1)遍昭の奏請で定額寺に列し,年分度者(ねんぶんどしや)3人が置かれた。986年(寛和2)花山天皇は藤原兼家の計略当寺に入り落飾法名入覚と号した。公家恒例読経の21寺に数えられて寺門繁栄したが,たびたびの火災でしだいに衰微した。現存の堂舎は18世紀末に妙厳が再建した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がんぎょうじ【元慶寺】

〔「がんけいじ」とも〕
京都市山科区北花山河原町にある天台宗の寺。山号は華頂山。868年、遍照の創建。877年(元慶1)勅命で元慶寺と命名。花山天皇は退位後、ここで落飾した。花山かざん寺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がんぎょう‐じ グヮンギャウ‥【元慶寺】

京都市山科区北花山(きたかざん)にある天台宗の寺、元慶寺(がんけいじ)の旧称、または通称。花山寺。

がんけい‐じ グヮンケイ‥【元慶寺】

京都市山科区北花山にある天台宗の寺。元慶(がんぎょう)元年(八七七)、僧遍昭が創建。寛和二年(九八六)に、藤原兼家らの策謀により、花山天皇が当寺で出家した。花山寺。がんぎょうじ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の元慶寺の言及

【元慶寺】より

…京都市山科区にある天台宗の寺。〈がんけいじ〉とも読む。華頂山と号し,花山寺ともいう。陽成天皇誕生のとき母后藤原高子が創建し,877年(元慶1)遍昭の奏請で定額寺に列し,年分度者(ねんぶんどしや)3人が置かれた。986年(寛和2)花山天皇は藤原兼家の計略で当寺に入り落飾,法名を入覚と号した。公家恒例読経の21寺に数えられて寺門繁栄したが,たびたびの火災でしだいに衰微した。現存の堂舎は18世紀末に妙厳が再建した。…

※「元慶寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元慶寺の関連情報