コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草戸千軒 くさどせんげん

2件 の用語解説(草戸千軒の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

草戸千軒【くさどせんげん】

広島県福山市明王院門前の芦田川中州にある中世都市遺跡。本来は芦田川の河口近くに形成されていた都市で,昭和初年から芦田川改修工事が行われた際に報告され,1961年以降発掘調査
→関連項目芦田川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くさどせんげん【草戸千軒】

古代末期から中世にかけて芦田川の河口近くに形成された集落跡で,広島県福山市草戸町に所在する。遺跡の範囲は,旧市街地南西部を北から南へ貫流して瀬戸内海に注ぐ芦田川の河底に孤立している遺跡包蔵中州および河川敷外の現市街地にも広がって数十万m2に達すると推定されている。草戸千軒の名は江戸時代中期に著された《備陽六郡志》や後期の《西備名区》および《福山志料》といった地誌類に見えるだけで,しかも1673年(延宝1)の洪水で壊滅した様子が記されているにすぎず,町の性格,構造,規模等については不明な点が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の草戸千軒の言及

【木簡】より

…それらの遺跡から出土するものでは柿経(こけらぎよう)や呪符が一般的にみられるものだが,そのほか遺跡により特別な内容の木簡が出土することがある。その好例は広島県草戸千軒遺跡である。継続的な発掘調査が行われている同遺跡は,中世の港町が河底に埋もれたものである。…

※「草戸千軒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

草戸千軒の関連キーワード散所石槍年紀名田領家髫髪古代サラサ手継ぎ証文放氏恩貸地制

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草戸千軒の関連情報